SLモルタル溝用

排水溝専用モルタル(粉末樹脂入)

■特長
ベランダや開放廊下などの排水溝に使用できる水勾配施工
用のプレミックスモルタルです。
・水との調合だけで使用でき、練混ぜ後の材料はスラリー
 状になりますので、流し込んでコテで均すだけで勾配が
 できます。
・仕上げのコテ押さえが不要ですので工期短縮が図れます
・1mスパンで3~30㎜の勾配をとることができます。

■荷姿       ■標準塗厚
 25kg紙袋      3~30㎜

■標準施工面積   ■施工長さ
 3.2㎡/袋(5㎜)   平均塗厚が15㎜の場合
           幅10㎝/約10m  幅15㎝/約6.5m

■適用部位
 ベランダ、開放廊下等の排水溝の水勾配仕上げ

■適用下地
 PC板、コンクリート、モルタル

■適用仕上げ
 ウレタン系塗膜防水材等

■施工方法
1.下地の確認
 下地のレイタンスや脆弱部、油脂分や汚れなどをワイヤ
 ブラシやサンダー掛けによって除去し、屑や粉塵を掃除
 機等を用いて除去して下さい。
 ※凸凹の著しい箇所は、あらかじめモルタルをつけ送り
  して下さい。

2.墨出し
 施工部位の側面に、仕上げ位置の墨打ちを行って下さい
 ※勾配は1mあたり30㎜以下として下さい。

3.漏出防止措置
 漏出防止のため、ドレン部や隙間のある箇所はバック
 アップ材やモルタルでせき止めて下さい。
 ※僅かな隙間でも漏出する恐れがありますのでご注意
  下さい。

4.プライマー塗布
 下地が乾燥している状態で「SL専用プライマー」の
 4倍希釈液を2回塗りして下さい。
 1回目が透明になってから、2回目を塗り付けて下さい。
 (乾燥の目安:夏期1~2時間、冬期3~4時間程度)
 ※プライマー乾燥後は粉塵等が付着しやすくなります
  ので、出来るだけ早くSLモルタル溝用の流し込みを
  行って下さい。

5.材料の混練
 水道水約6.3Lを容器に入れ、SLモルタル溝用(25kg)
 を投入しながら高速型のハンドミキサーで練り混ぜて
 下さい。全量投入してから3分以上練混ぜて下さい。
 練混ぜ終了後、2~3分で粘りが出てきますので、1分
 程度再撹拌して下さい。

6.流し込み
 流し込み量を加減しながら墨に合わせて流し込み、
 定木でタッピングし、金コテで均して仕上げて下さい。
 ※表面を平坦に仕上げるため、流し込んだ後は素早く
  仕上げて下さい。

7.養生
 施工終了より12時間以上(冬期24時間以上)は振動・
 衝撃を受けないようにし、強風や直射日光による急激
 な乾燥、降雨・降雪の恐れがある場合は、シート掛け
 等の養生を行って下さい。
 ※高温や強風などで乾燥が著しいと思われる場合は、
  翌日以降に散水養生を行って下さい。
 ※施工翌日は、まで表面がキズつきやすいので十分に
  注意して下さい。

■注意事項
1.SLモルタル溝用は露出させたままの仕上げとしないで
 下さい。
 (塗膜防水等による仕上げを別途行って下さい。)
2.気温が3℃以下及び3℃以下になると予想される場合は
 施工を行わないで下さい。
3.SLモルタル溝用の保管は、屋内で直射日光・湿気を
 避け、パレット等に載せて床から離して下さい。
4.固まったものの使用は避けて下さい。
5.SLモルタル溝用には練水の他、当社が特に指定する
 以外のものは混入しないで下さい。また、混練に使用
 する水は水道水を使用して下さい。
6.使用後の器具は速やかに洗浄して下さい。
7.SLモルタル溝用の品質保持期間は製造後約3ヶ月です。

■メーカーリンク
二瀬窯業株式会社