ビルモル ベランダレベラー

再乳化形粉末樹脂混入 勾配床・排水溝兼用下地調整材

■特長
・ベランダ、開放廊下及び排水溝等の勾配のある箇所の
 施工に最適です。
・床はコテ均しだけ、排水溝は墨に合わせて流し込み、
 タッピングするだけで水勾配が取れ、コテ押えの必要
 はありません。
・速硬タイプですので、施工当日中に軽歩行ができます。
 また、仕上材までの養生期間も短縮でき、工期の短縮
 が図れます。
・粉末樹脂を混入した一材化製品ですので、水練りだけで
 接着性、ひび割れ抵抗性等の耐久性に優れています。

■荷姿
 25kg袋

■使用箇所
     床勾配使用      排水溝使用

 水量   約6.0L        約5.5L

塗り厚   3~30㎜        3~50㎜

施行可能  1m当り        1m当り
 勾配   約30㎜        約10㎜

施行面積  厚さ5㎜/約3㎡    厚さ15㎜
      厚さ10㎜/約1.5㎡   幅10cm/長さ約10m
                 幅15cm/長さ約6.7m

■施行方法
1.下地の清掃
・下地のレイタンス、脆弱層、油分、汚れをワイヤーブ
 ラシやサンダー掛けなどで除去した後、水洗いをする
 などして強靭な素地を出して下さい。

2.吸水調整剤の塗布
・NICEラテックス#45の5倍液を刷毛で2回塗布して下さい。
 必ず、1回目の塗布が乾燥してから2回目を行って下さい
 2回目の塗布が乾燥してからベランダレベラーを施工
 して下さい。

3.練混ぜ
・ベランダベラー1袋(25kg)に対し、勾配床は約6L、
 排水溝は約5.5Lの水をハンドミキサーで撹拌しながら
 ベランダレベラーを徐々に投入し約3分間均一になる
 まで練混ぜて下さい。

4.塗り付け
(勾配床の場合)
・あたりに合わせて流し込み、コテで所定の厚さになる
 ように均してください。
(排水溝の場合)
・墨に合わせてゆっくり流し込んでください。ドレン周り
 を処理した後にタッピングを行い、平滑になるように均
 してください、

5.養生
・施工後、直射日光による急乾燥、強風及び降雨などの
 恐れがある場合はシート養生して下さい。

■注意事項
<取扱い及び保管上の注意>
・目や皮膚等に触れないように適切な保護具(保護手袋、
 防塵メガネ等)を着用して取り扱って下さい。また
 取り扱い後は、顔、手、口等を水で洗浄して下さい。
・製品の保管はセメント同様の取り扱いとし、雨露のか
 からない屋内の湿気の少ない場所に、床面から離して
 保管して下さい。
<漏出時の注意>
・飛散した飛沫は掃除機で吸い取って回収するか、ホウキ
 やスコップで集め空袋等に回収して下さい。
<廃棄上の注意>
・廃棄する製品や練混ぜした材料等は硬化させてから、
 産業廃棄物として適切な処置をして下さい。また洗浄
 水等の排出は水質汚濁防止法等に注意して下さい。
<輸送上の注意>
・破袋、荷崩れ、落下等の防止策を確実に行って下さい。
 また、降雨時の湿気や水漏れに注意して下さい。
<使用上の注意>
・既調合製品の為、指定材料以外のものを練混ぜないで
 下さい。なお、練混ぜには上水道水を使用して下さい。
・練混ぜした材料は15分以内に使用して下さい。練足し
 や加水しての練り戻しをしないで下さい。
・強風や直射日光等による急激な乾燥を防止する為、
 シート養生等適切な措置をして下さい。
・本製品使用時の施工は、気温が5℃~35℃の範囲で
 行って下さい。
・製品の製造年月日を確認し、製造から3か月以上経過
 した製品は使用しないで下さい。
 また開封した製品はできるだけ早く使用して下さい。
・下地コンクリートがJASS5<鉄筋コンクリート工事>
 の標準を満たしていない場合は施工を避けて下さい。
・悪天候(降雨・降雪等)、またはそれの恐れがある場合
 は施工を避けて下さい。

■メーカーリンク
株式会社豊運