ロイヤルカチオン#10

一材型 JISA6916 建築用下地調整材 C-2表示認証製品

セメント系下地調整塗材2種
(カチオンポリマーセメント系)

■特長
・JIS認証
 工場で厳重な品質管理のもとプレミックスをしている
 ため品質が安定
・カチオン系一材型
 材料管理・取り扱いが容易なうえ施工能率が向上
・作業性
 コテ塗り作業性を格段にアップ
・強度耐久
 各種下地に対して安定した接着耐久性を実現

■荷姿
 20kg袋

■適用下地
 コンクリート・モルタル・旧仕上げ(タイル・塗料等)

■用途
 コンクリート等の補修、改装工事のボンタイル
 吹付塗装、タイル等の旧下地への仲介接着

■練上がり量
 コテ塗り    約16L
 ローラー塗り  約17.5L

■標準塗厚
 0.5~2㎜(JIS規定塗り厚1~3㎜)区分C-2

■水量
 コテ塗り   約5.4L
 ローラー塗り 約8.0L

■施行方法
1.下地処理
・下地をよく点検して下地の脆弱層、脆弱な旧仕上げ材
 レイタンス、油分等を取り除き水洗いまたは高圧洗浄
 を行い、健全な下地にして下さい。
・下地清掃後、吸水が激しい下地の場合シーラー#45の
 3倍液をむらなく塗布して下さい。

2.練混ぜ
 ロイヤルカチオン#10+上水道水(コテ塗り約5.4L
                ローラー塗り約8L)
3.塗り付け
・あらかじめ下地処理した施工面に、必ずしごき塗りを
 コテ圧をかけて下地に約0.5~1㎜程度すり込むように
 塗り付けを行い、ワンテンポ間を空け、少し締まらせ
 てから所定の厚さに塗り付けて下さい。
 ※尚、塗圧が薄い場合でもしごき塗りはモルタルのエア
  膨らみ浮き防止、ダレの抑制になり付着強度の確保
  の為に必ず励行して下さい。

4.養生
・施工後は通常1週間、冬期2週間以上の養生期間をおいて
 下さい。
 ※ドライアウト防止
  乾燥が激しい場合は、施工の翌日に散水養生を行って
  下さい。
 ※白華防止
  梅雨・冬期時は塗り付け後、降雨・降雪に遭うと白華
  発生の恐れがあるのでシート掛け養生などの適切な
  防止策をして下さい。

■注意事項
<取扱い及び保管上の注意>
・目や皮膚などに触れないように適切な保護具(保護手袋 防塵マスク、保護メガネ等を着用して取り扱って下さい
 また、取扱い後は顔、手、口など水で洗浄して下さい。
・製品は屋内の湿気の少ない場所に、床面から離して保管
 して下さい。
<応急処置>
・目に入った場合、直ちに清浄な水で最低15分間洗眼し、
 速やかに専門医の治療を受けて下さい。
・皮膚に付着した場合、速やかに水または温水で十分に
 洗い流してください。肌荒れがひどい場合は、必要に
 応じて医師の診断を受けて下さい。
・吸引した場合、速やかに新鮮な空気の場所に移動し、水
 または温水でうがいをし必要に応じて医師の診断を受け
 て下さい。
・飲み込んだ場合、水でよく口の中を洗うなどして、直ち
 に医師の診断を受けて下さい。(まずは、飲み込まない
 ように注意して下さい。
<濾出時の注意>
・飛散した粉末は掃除機で吸い取って回収するか、ホウキ
 やスコップで集め空袋などに回収して下さい。
<廃棄上の注意>
・廃棄する製品や練混ぜ材などは硬化させてから、産業
 廃棄物として適切な処置をして下さい。また、洗浄水
 などの排出は水質汚濁防止法などに注意して下さい。
<輸送上の注意>
・破袋、荷崩れ、落下などの防止を確実に行って下さい。
 また、降雨時の湿気や水漏れに注意して下さい。
<使用上の注意>
・本製品は厳重な品質管理のもとに製造している既調合品
 です。指定材料以外の材料を練混ぜないで下さい。
 なお、練混ぜには上水道水を使用して下さい。
・練混ぜた材料は夏期1時間、冬期2時間以内に使用して
 下さい。練足しや加水して練り戻ししないで下さい。
・強風や直射日光などによる乾燥を防止するために、シー ト養生など適宜な措置をして下さい。
・本品使用時の施工は、気温が5℃~35℃の範囲内で行っ
 て下さい。
・製品の製造年月日を確認し、製造から6ヶ月以上経過し
 た製品は使用しないで下さい。また、開封した製品は
 できるだけ早く使用して下さい。

■メーカーリンク
株式会社豊運