取扱い商品
左官材料専門店ならではの、きめ細やかなサービスをご提供します。

ハードモルタル床用(厚塗用)

床面専用補修材 厚塗用(露出仕上げ可能)
ポリマーセメントモルタル

■特長
・コンクリート色に近い色に仕上げr、露出仕上げが可能
 です。
・作業性が良く、施工が容易です
・高性能な粉末樹脂を配合していますので混練は水道水
 だけでよく調合ミスがありません

■荷姿        ■適用塗厚
 25kg紙袋       3~10㎜

■標準施工面積    
 約3㎡/袋(5㎜厚)

■適用下地
 コンクリート、モルタル等

■適用部位
 内外床、住宅基礎立ち上がり

■適用化粧材
 露出仕上げ、塗床

■施工方法
1.下地の準備
 下地の突起物や硬化不良部、油脂分、不純物などはサン
 ダーや高圧洗浄機等で取り除いて下さい。
 ハードモルタル床用の適用塗厚は3~10㎜ですので、
 施工部位は3㎜以上の塗厚を確保して下さい。
 ※ズレ、浮きの原因となりますので下地がコンクリート
  金ゴテ仕上げ、モルタル押え仕上げ等の場合はサンダ
  ーや高圧洗浄機などで目荒しを行って下さい。
 ※塗厚が異なる場合、押さえムラ、色ムラの原因となり
  ますので施工前に不陸調整を行って下さい。

2.吸水調整
 ユニレックス3(塗布型吸水調整材)を水道水にて
 3倍に希釈したものを左官刷毛等で施工面全面に塗布
 して吸水調整を行って下さい。
 吸水の激しい下地はドライアウト抑制の為、むらなく
 丁寧に塗布して下さい。

3.ハードモルタル床用の混練
 ハードモルタル床用に規定量の水道水を徐々に加えなが
 ら機械器具等を使用してよく混練して下さい。
  ハードモルタル床用 25kg + 水道水 約4.0L

4.ハードモルタル床用の塗付け
 コテ圧を十分にかけながらこすり塗をした後、所定の
 厚みまで平滑に塗りつけて仕上げを行って下さい。
 仕上げは金ゴテ仕上げ、刷毛引き等を行って下さい。
 水打ちをしてのコテ押さえは、モルタル表面強度を低下
 させる要因となりますので、ユニレックス3の8~10
 倍液を散布して下さい。
 色ムラの原因となりますので、過度の水打ちやコテ押
 さえは避けて下さい。

5.養生
 施工後に降雨雪のおそれがある場合、又は、通風・日照
 の激しいときにはシート養生等の保護養生を行って下さ
 い。夏場施工の場合は、施工翌日に散水養生を行って
 下さい。
 次工程までの養生は、7日以上放置して下さい。

■注意事項
1.製品の保管は、屋内の湿気の少ない場所で、パレット
 等に乗せて床から離して下さい。
2.製品の保湿保持期間は、製造後3ヶ月となります。
3.固まったものの使用は避けて下さい。
4.気温が3℃以下及び3℃以下になると予想される場合は
 施工は行わないで下さい。
5.製品には練水の他、指定する材料以外は混入しないで
 下さい。
6.製品のお取扱いに際しては、適切な保護具(保護手袋
 保護メガネ、防塵マスク等)を着用のうえ、適切な
 安全対策を実施して下さい。
 ※ハードモルタル床用(薄塗用)を安全に正しくお使い
  頂く為、施工前には必ず容器の側面の使用・注意事項
  をよくお読み下さい。

■メーカーリンク
二瀬窯業株式会社

ハードモルタル床用(薄塗用)

床面専用補修材 薄塗用(露出仕上げ可能)
ポリマーセメントモルタル

■特長
・コンクリート色に近い色に仕上げr、露出仕上げが可能
 です。
・作業性が良く、施工が容易です
・高性能な粉末樹脂を配合していますので混練は水道水
 だけでよく調合ミスがありません

■荷姿        ■適用塗厚
 25kg紙袋       1~3㎜

■標準施工面積    
 約9.6㎡/袋(2㎜厚)

■適用下地
 コンクリート、モルタル等

■適用部位
 内外床、住宅基礎立ち上がり

■適用化粧材
 露出仕上げ、塗床

■施工方法
1.下地の準備
 下地の突起物や硬化不良部、油脂分、不純物などはサン
 ダーや高圧洗浄機等で取り除いて下さい。
 ※ズレ、浮きの原因となりますので下地がコンクリート
  金ゴテ仕上げ、モルタル押え仕上げ等の場合はサンダ
  ーや高圧洗浄機などで目荒しを行って下さい。
 ※塗厚が異なる場合、押さえムラ、色ムラの原因となり
  ますので施工前に不陸調整を行って下さい。

2.吸水調整
 ユニレックス3(塗布型吸水調整材)を水道水にて
 3倍に希釈したものを左官刷毛等で施工面全面に塗布
 して吸水調整を行って下さい。
 吸水の激しい下地はドライアウト抑制の為、むらなく
 丁寧に塗布して下さい。

3.ハードモルタル床用の混練
 ハードモルタル床用に規定量の水道水を徐々に加えなが
 ら機械器具等を使用してよく混練して下さい。
  ハードモルタル床用 25kg + 水道水 約6.3L

4.ハードモルタル床用の塗付け
 コテ圧を十分にかけながらこすり塗をした後、所定の
 厚みまで平滑に塗りつけて仕上げを行って下さい。
 仕上げは金ゴテ仕上げを行って下さい。
 水打ちをしてのコテ押さえは、モルタル表面強度を低下
 させる要因となりますので、ユニレックス3の8~10
 倍液を散布して下さい。
 色ムラの原因となりますので、過度の水打ちやコテ押
 さえは避けて下さい。

5.養生
 施工後に降雨雪のおそれがある場合、又は、通風・日照
 の激しいときにはシート養生等の保護養生を行って下さ
 い。夏場施工の場合は、施工翌日に散水養生を行って
 下さい。
 次工程までの養生は、7日以上放置して下さい。

■注意事項
1.製品の保管は、屋内の湿気の少ない場所で、パレット
 等に乗せて床から離して下さい。
2.製品の保湿保持期間は、製造後3ヶ月となります。
3.固まったものの使用は避けて下さい。
4.気温が3℃以下及び3℃以下になると予想される場合は
 施工は行わないで下さい。
5.製品には練水の他、指定する材料以外は混入しないで
 下さい。
6.製品のお取扱いに際しては、適切な保護具(保護手袋
 保護メガネ、防塵マスク等)を着用のうえ、適切な
 安全対策を実施して下さい。
 ※ハードモルタル床用(薄塗用)を安全に正しくお使い
  頂く為、施工前には必ず容器の側面の使用・注意事項
  をよくお読み下さい。

■メーカーリンク
二瀬窯業株式会社

SLモルタル溝用

排水溝専用モルタル(粉末樹脂入)

■特長
ベランダや開放廊下などの排水溝に使用できる水勾配施工
用のプレミックスモルタルです。
・水との調合だけで使用でき、練混ぜ後の材料はスラリー
 状になりますので、流し込んでコテで均すだけで勾配が
 できます。
・仕上げのコテ押さえが不要ですので工期短縮が図れます
・1mスパンで3~30㎜の勾配をとることができます。

■荷姿       ■標準塗厚
 25kg紙袋      3~30㎜

■標準施工面積   ■施工長さ
 3.2㎡/袋(5㎜)   平均塗厚が15㎜の場合
           幅10㎝/約10m  幅15㎝/約6.5m

■適用部位
 ベランダ、開放廊下等の排水溝の水勾配仕上げ

■適用下地
 PC板、コンクリート、モルタル

■適用仕上げ
 ウレタン系塗膜防水材等

■施工方法
1.下地の確認
 下地のレイタンスや脆弱部、油脂分や汚れなどをワイヤ
 ブラシやサンダー掛けによって除去し、屑や粉塵を掃除
 機等を用いて除去して下さい。
 ※凸凹の著しい箇所は、あらかじめモルタルをつけ送り
  して下さい。

2.墨出し
 施工部位の側面に、仕上げ位置の墨打ちを行って下さい
 ※勾配は1mあたり30㎜以下として下さい。

3.漏出防止措置
 漏出防止のため、ドレン部や隙間のある箇所はバック
 アップ材やモルタルでせき止めて下さい。
 ※僅かな隙間でも漏出する恐れがありますのでご注意
  下さい。

4.プライマー塗布
 下地が乾燥している状態で「SL専用プライマー」の
 4倍希釈液を2回塗りして下さい。
 1回目が透明になってから、2回目を塗り付けて下さい。
 (乾燥の目安:夏期1~2時間、冬期3~4時間程度)
 ※プライマー乾燥後は粉塵等が付着しやすくなります
  ので、出来るだけ早くSLモルタル溝用の流し込みを
  行って下さい。

5.材料の混練
 水道水約6.3Lを容器に入れ、SLモルタル溝用(25kg)
 を投入しながら高速型のハンドミキサーで練り混ぜて
 下さい。全量投入してから3分以上練混ぜて下さい。
 練混ぜ終了後、2~3分で粘りが出てきますので、1分
 程度再撹拌して下さい。

6.流し込み
 流し込み量を加減しながら墨に合わせて流し込み、
 定木でタッピングし、金コテで均して仕上げて下さい。
 ※表面を平坦に仕上げるため、流し込んだ後は素早く
  仕上げて下さい。

7.養生
 施工終了より12時間以上(冬期24時間以上)は振動・
 衝撃を受けないようにし、強風や直射日光による急激
 な乾燥、降雨・降雪の恐れがある場合は、シート掛け
 等の養生を行って下さい。
 ※高温や強風などで乾燥が著しいと思われる場合は、
  翌日以降に散水養生を行って下さい。
 ※施工翌日は、まで表面がキズつきやすいので十分に
  注意して下さい。

■注意事項
1.SLモルタル溝用は露出させたままの仕上げとしないで
 下さい。
 (塗膜防水等による仕上げを別途行って下さい。)
2.気温が3℃以下及び3℃以下になると予想される場合は
 施工を行わないで下さい。
3.SLモルタル溝用の保管は、屋内で直射日光・湿気を
 避け、パレット等に載せて床から離して下さい。
4.固まったものの使用は避けて下さい。
5.SLモルタル溝用には練水の他、当社が特に指定する
 以外のものは混入しないで下さい。また、混練に使用
 する水は水道水を使用して下さい。
6.使用後の器具は速やかに洗浄して下さい。
7.SLモルタル溝用の品質保持期間は製造後約3ヶ月です。

■メーカーリンク
二瀬窯業株式会社

Pコンエース

化粧コンクリート仕上げ用
(無収縮タイプPコン穴(セパ穴)充填材)

■特長
・無収縮性を有する為、施工後の肉やせがなく、経年に
 起因する剥落を抑制します
・防水性や付着力に優れていますので、長期間に渡って
 セパレータの防錆効果が持続します
・コンクリートに近い色に調色しているので自然な仕上
 がりになります

■試験表
(1)品質性能試験表

 項目[単位]    Pコンエース 現調モルタル   試験方法
              (1:3)

     材齢1日   5.7   3.0    
曲げ強さ 材齢3日   7.6   4.5
[N/m㎡]  材齢7日   8.5   5.7   JIS A 6916
     材齢14日  9.0   6.0 
     材齢28日  9.5   6.2

     材齢1日  33.9   12.6
圧縮強さ 材齢3日  56.1   28.3
[N/m㎡]  材齢7日  57.4   33.6   JIS A 6916
     材齢14日  62.8   35.6
     材齢28日  65.8   35.7

長さ変化率[%]    0.06   0.09   JIS A 1129

透水試験[ml/h]    0.05   0.4   JIS A 6916

(2)定着強さ試験

 項目[単位]            試験結果

定着強さ[N/m㎡]           2.45  

温冷繰返し後の定着強さ[N/m㎡]    3.13

(3)暴露試験
 項目[単位]   試験結果
 防露試験    錆びなし

■標準施工面積
  約430個/袋 5個/㎡

■荷姿
  10kg紙袋

■施工方法
1.下地の準備
 ・Pコン穴(セパ穴)部分のレイタンス処理を行い、水
  洗い等で健全な部分まで清掃して下さい。
 ・セパレータの金具部分に錆がみられる場合は除去して
  下さい。

2.Pコンエースの混練
 ・混練後60分以内に使い切れる量を手練り等で混ざり
  ムラのないよう均一に練り混ぜて下さい。
 ・混練後は、水がとばないように日陰に置く等して下さ
  い。
   
   Pコンエース 10kg + 水道水 0.9~1.2kg

  ※超固練り(バサモル)タイプの材料です。

3.Pコンエースの充填
 ・何層かに分けながら突き固め、木コン鏝等でよく押し
  固めて平滑に仕上げて下さい。
 ※過剰な摩擦をかけて仕上げた場合、表面が黒くなる
  場合があります。

4.養生
 ・塗り付け語急激な乾燥・凍結がないように適切な方法
  で養生を行って下さい。

※施工時の注意
 材料の充填不足で空隙部分が残ると浸水等によって金具
 が錆びて爆裂したり、剥落などが発生する可能性が高ま
 ります。
 材料が奥まで適正に充填された状態。長期間に渡って
 剥落などのを効果的に抑制します。

■注意事項
・ご使用にあたってはマスク、手袋、防塵マスク等を使用
 して下さい。
・目に入った時は、清浄な水で洗眼した後、直ちに医師の
 手当を受けて下さい。
・飲み込んだ場合は、水で口の中を洗い、直ちに医師の
 手当を受けて下さい。
・材料の保存は、地面や床へ直置きしないようパレット等
 使用して湿気を避け、直射日光や雨が掛からないよう
 シート掛けなどを施して下さい。
・降雨・降雪時の施工は行わないで下さい。
・気温5℃以下及び5℃以下のなると予想される場合は、
 施工は行わないで下さい。
・固くなったモルタルへの再加水は行わないで下さい。
・Pコンエースには練水の他、メーカーが特に指定するもの
 以外は混入しないで下さい。
・Pコンエース施工後の硬化前の雨水等による濡れは、
 白華(エフロレッセンス)の原因となりますので注意
 して下さい。
・品質保持期間は製造後4ヶ月です。

■メーカーリンク
二瀬窯業株式会社

Cモルパウダー

欠損部補修・断面修復材
(ポリマーセメントモルタル)

Cモルポリマーは、断面補修材としての性能を得るための原料をプレミックスしており、専用の混和液を混入することで、高性能な断面補修用ポリマーセメントモルタルが得られます。また、吹付工法での施工が可能なため、上げ裏面にも容易に施工することができます。

■特長
・Cモルポリマーは、Cモルポリマー専用混和液を混入する
 ことにより、ポリマーセメントモルタルとして使用でき
 ます。
・曲げ強さ、圧縮強さ、接着強さなどの各種強度特性に
 優れています。
・吹付け工法、こて塗り工法のどちらでも施工が可能です

■適用部位
  コンクリート、モルタルの欠損部補修、断面修復

■適用下地
  コンクリート、モルタル、PCパネル 等

■適用下地
  陶磁器質タイル、石材、仕上塗材、Pタイル、塗床材

■荷姿
  紛体     25kg袋
  専用混和液  1kgアルミバッグ

■標準塗厚
  こて塗り工法  5~10㎜
  吹付け工法   5~30㎜

■標準施工面積
  1.2㎡/袋(10㎜厚)

■練り上がり量
  約12.5L/袋  1m3=80袋

■試験表

試験項目[単位]     試験結果    品質基準

曲げ強さ[N/m㎡]     7.9      6.0以上 

圧縮強さ[N/m㎡]     62.3     20.0以上

接着強さ[N/m㎡]     2.8      1.0以上

接着耐久性[N/m㎡]     2.3      1.0以上

吸水量[g]         15.6     20.0以下

透水量[ml/hr]       0.3       0.5以下

長さ変化率[%]       0.07     0.15以下

■施工方法
1.下地処理・清掃
 下地のぜい弱部分、劣化部分、レイタンスや汚れ等は
 確実に除去し、健全な下地を露出させて水洗い等で丁寧
 に清掃して下さい。平滑な下地は、接着性を確保する
 ために、高圧洗浄やカップダンダー掛けなどで目荒しを
 行って下さい。下地の清掃は、浮き・剥離の原因になり
 ますので入念に行って下さい。
 ※鉄筋は発錆している場合はこれを除去し、防錆処理を
  行って下さい。

2.吸水調整
 ユニレックス3を水道水で3倍に希釈したものを施工面に
 むらなく塗布して吸水調整を行って下さい。

3.材料の混練
 Cモルポリマー1袋(25kg)に対し、Cモルポリマー専用
 混和液(1kg)を1袋、水道水を約2.7L加えハンドミキサー
 やモルタルミキサー等で十分に混練して下さい。
 ※加水後の材料は、夏期40分、冬期60分以内を目安に
  使い切り、練り足し、加水しての練り戻しは行わない
  で下さい。

4.塗付け
 こて圧をかけて下地にすり込むように塗付けた後、所定
 の厚さになるように塗り付けて下さい。標準塗厚を超え
 る場合は数回に分けて塗り付けて下さい。その場合は、
 次層を塗り付けるまでに夏期1日以上、冬期3日以上の
 養生期間をとってください。
 吹付け工法の場合は、全面に5㎜程度で吹付を行ない、
 追いかけて所定の厚さになるように吹付けて下さい。
 標準塗厚を超える場合は、数回に分けて吹付けて下さい
 その場合は、次層を塗り付けるまでに夏期1日以上、
 冬期3日以上の養生期間をとってください。

5.養生
 施工面はシート養生を行って下さい。施工後に降雨雪の
 おそれがある場合は、または通風や直射日光の影響が
 ある場合は、これを避けるためにシート掛け等の養生を
 行って下さい。
 ※養生中は、振動や衝撃を与えないように十分に気を
  つけて下さい。
 ※次工程までの養生期間は7日以上として下さい。

■注意事項
・施工前に補修面を十分に水洗・清掃して下さい。
・気温が5℃以下及び5℃以下になると予想される場合は、
 施工は行わないで下さい。
・直射日光・風雨時にはシート掛け等、十分な養生を行っ
 て下さい。
・Cモルポリマーの保管は、湿気・通風を避ける場所にして
 下さい。
・固まったものの使用は避けて下さい。
・Cモルポリマーには練水、専用混和液のほか、メーカーが
 指定するもの以外は混入しないで下さい。
・Cモルポリマー硬化前の雨水等による濡れは、白華の原因
 となりますので注意して下さい。
・Cモルポリマーの品質保持期間は製造後3ヶ月です。

■メーカーリンク
二瀬窯業株式会社

ベンリーMP#200・MM#250

■特長
・コンクリートの豆板やコールドジョイント等の補修材料
 です。
・接着性、耐透水性、防錆性、中性化抑止性に優れていま
 す。
・紛体と混和材とを1セットにした使いやすい荷姿で、混練
 は専用混和液と水道水だけでよく調合ミスがありません

○ベンリーMP#200
  防錆ペースト
  (初期補修用プレッミクスポリマーセメントペースト)

 ■適用部位
   コンクリート、モルタル、鉄筋 等
 
 ■適用下地
   豆板、ジョイント、ひび割れ(3㎜未満) 等

 ■適用仕上げ
   仕上塗材、陶磁器質タイル 等

 ■適用塗厚      ■標準施工面積
   1㎜          12.5㎡/袋(1㎜厚)

 ■荷姿
   19.3kg缶[紛体:15kg 混和液:4.3kg]

○ベンリーMM#250
  防食モルタル
  (初期補修用プレミックスポリマーセメントモルタル)

 ■適用部位
   コンクリート、モルタル 等

 ■適用下地
   豆板、ジョイント、欠損部 等

 ■適用仕上げ
   仕上塗材、陶磁器質タイル 等

 ■荷姿
   16.3kg缶[紛体:15kg 混和液:1.3kg]

■施工方法
1.表面調査

2.劣化部位・脆弱部分はつり、除去

3.錆鉄筋の処理(錆落とし)

4.洗浄・清掃
 下地のぜい弱層・レイタンス・油分・汚れ等をワイヤブ
 ラシ・サンダー掛け等で除去し、水洗い清掃または高圧
 洗浄を行って下さい。
 また、鉄筋が露出して発錆している場合はスクレーパー
 ワイヤブラシ・研磨紙等で錆を除去して下さい。
 ※浮き、剥落の原因となりますので、下地の清掃は入念
  に行って下さい。
 ※鉄筋の発錆を伴う欠損部の場合には、水洗いを避け、
  ブロアー等を用いて清浄にして下さい。

5.鉄筋防錆処理(下地処理)
 乾燥後、ベンリーMP#200を刷毛等でむらなく塗布して
 下さい。
 ※浮きや割れの原因となりますので、必ず下地へよく
  擦り込むように塗布して下さい。
  
  混練
   紛体15kg + 混和液4.3kg + 水道水0.5~1L
                (施工部位の軟度に
                  あわせて調整)

6.断面修復・欠損部補修
 ベンリーMP#200の塗布後、ベンリーMM#250をジャン
 カ部や欠損部分にこて圧をかけて充填して下さい。
 ※ベンリーMP#200塗布後、製品充填までの工程間間隔は
  30分以内を目安として下さい。
 ※ダレ・割れの原因となりますので、1回の塗厚は標準
  仕様の塗厚を厳守して下さい。
 ※標準仕様の塗厚をこえる場合は2回以上に分けて塗り付
  けて下さい。その際の工程間間隔は3日以上として下
  さい。
 ※塗り継ぐ場合は、下塗面は金ごて押えを避けて下さい
 ※塗厚が壁で25㎜、上げ裏で5㎜をこえる場合は、ステン
  レスアンカーピン・ステンレス線等を併用して下さい

7.表面被覆
 ベンリーMM#250を施工後(5時間以上経過)、充填部と
 周辺の既存モルタル、既存コンクリートの境界面に幅
 150㎜(目地振分け75㎜)にわたってベンリーMP#200を
 刷毛で塗布して下さい。
 ※ひび割れの原因となりますので、標準仕様の塗厚を
  厳守して下さい。

8.養生
 通風や直射日光を避け、必要に応じて屋内では開口部の
 閉鎖、屋外ではシート掛け等の養生を行って下さい。
 また、施工後、降雨・降雪のおそれがある場合も、シー
 ト掛け等の養生を行って下さい。
 ※強度が出ないおそれがあるため、通風や直射日光によ
  り塗付け面の感想が激しい場合には、塗付け翌日以降
  に散水養生を行って下さい。
 ※初期の雨掛り等は、強度不足・白華の原因となります
  ので、シート掛け等の養生を行って下さい。白華した
  場合には水洗い等により除去してから、次工程の作業
  を行って下さい。
 ※次工程までは7日以上放置して下さい。

■注意事項
・施工前に補修面を十分に水洗・清掃して下さい。
・気温が3℃以下及び3℃以下になると予想される場合は、
 施工は行わないで下さい。
・直射日光・風雨時にはシート掛け等、十分な養生を行っ
 て下さい。
・材料の保管は、湿気・通風を避ける場所にして下さい。
・固まったものの使用は避けて下さい。
・材料には混和液、練水の他、メーカーが特に指定する
 もの以外は混入しないで下さい。
・材料の硬化前の雨水等による濡れは、白華の原因となり
 ますので注意して下さい。
・材料の品質保持期間は製造後6ヶ月です。

■メーカーリンク
二瀬窯業株式会社

ベンリーメンテモルタル

公共住宅建設工事共通仕様書
別冊 機材の品質・性能基準適合品

初期補修用プレミックスポリマーセメントモルタル

■特長
・コンクリートの豆板やコールドジョイント等の補修材料
 です。
・接着性、耐透水性、防錆性、中性化抑止性に優れていま
 す。
・紛体と混和材とをセットにした使いやすい荷姿で、混練
 は専用混和液と水道水だけでよく調合ミスがありません

■適用下地
  コンクリート、モルタル

■適用部位
  コンクリート構造物にある豆板、欠損部

■適用仕上げ
  仕上塗材、陶磁器質タイル

■荷姿
  16.35kgセット[紛体:15kg 混和液:1.35kg]

■適用塗厚
  2~5㎜

■標準施工面積
  1.8㎡/セット(5㎜厚)

■試験表
          ベンリーメンテモルタル    要求性能
単位容積質量   
 [kg/L]        1.98      1.80以上
 
保水率[%]        69       50以上

長さ変化率[%]      0.07      0.15以下

接着強さ 標準時     2.67      0.60以上
 
[N/m㎡] 温冷繰返し   2.43      0.60以上
     10サイクル後

曲げ強さ[N/m㎡]    12.6      8.0以上

透水量[g]         0.4       3以下

中性化 深さ[mm]    1.2      3.0以下

■施工方法
1.下地の準備
 下地の脆弱部分やレイタンス、油脂分、汚れ等をワイヤ
 ブラシやサンダー掛け等で除去し、水洗い清掃または
 高圧洗浄を行って下さい。
 ※浮き・剥落の原因となりますので、下地の清掃は入念
  に行って下さい。
 ※鉄筋の発錆を伴う欠損部の場合には、水洗いを避け、
  ブロアー等を用いて清掃して下さい。

2.下地の処理
 乾燥後、ベンリーメンテペーストを刷毛等でムラなく
 塗布して下さい。
 ※浮きや割れの原因となりますので、必ず下地へよく擦
  り込むように塗布して下さい。

3.材料の混練
 専用混和剤(1.35kg)と所定の量の水道水(1.2L)を容器
 に入れ、ベンリーメンテモルタル紛体(15kg)を徐々に
 加えながらハンドミキサー等で十分に練り混ぜて下さい
 ※強度低下の原因となりますので紛体と混和液及び水の
  調合割合は厳守して下さい。混練後は、夏期30分以内
  冬期60分以内に使い切るようにし、練足し、水を加え
  ての練り戻しは避けて下さい。

4.塗り付け
 ベンリーメンテペーストの塗布後、ベンリーメンテモル
 タルを補修箇所にコテ圧をかけて充填して下さい。
 ※ベンリーメンテペースト塗布後、メンテモルタル塗付
  けまでは、30分以内を目安として下さい。
 ※ダレ・割れの原因となりますので、1回の塗圧は5㎜
  以内を厳守して下さい。
 ※塗厚が5㎜を超える場合は、2回以上に分けて塗付けて
  下さい。その際の工程間隔は3日以上として下さい。
 ※塗り継ぐ場合は、下塗面は金ゴテ押えを避けて下さい
 ※塗厚が壁で25㎜、上げ裏で5㎜を超える場合は、ステン
  レス製アンカーピンを打込みステンレス製ラスを張る
  かネット等で安全性を確保して下さい。

5.ベンリーメンテペーストによる表面処理
 ベンリーメンテモルタルを施工後(5時間以上経過)、
 充填部と周辺の既存モルタル、既存コンクリートの
 境界面に幅150㎜(目地振分け75㎜)にわたってベンリー
 メンテペーストと刷毛で塗布して下さい。
 ※ひび割れの原因となりますので、塗厚は1㎜を厳守
  して下さい。

6.養生
 通風や直射日光を避け、必要に応じて屋内では開口部の
 閉鎖、屋外ではシート掛け等の養生を行って下さい。
 また、施工後に降雨や降雪のおそれがある場合も、シー
 ト掛け等の養生を行って下さい。
 ※強度が出ないおそれがあるため、通風や直射日光によ
  り塗付け面の乾燥が激しい場合には、塗付け翌日以降
  に散水養生を行って下さい。
 ※初期の雨掛り等は、強度不足・白華の原因となります
  ので、シート掛け等の養生を行って下さい。白華した
  場合には水洗い等により除去してから、次工程の作業
  を行って下さい。
 ※次工程までは夏期3日以上冬期7日以上の養生期間を
  設けて下さい。

■注意事項
・施工前に補修面を十分に水洗・清掃して下さい。
・気温が3℃以下及び3℃以下になると予想される場合は、
 施工は行わないで下さい。
・直射日光・風雨時にはシート掛け等、十分な養生を行っ
 て下さい。
・ベンリーメンテモルタルの保管は、湿気・通風を避ける
 場所にして下さい。
・固まったものの使用は避けて下さい。
・ベンリーメンテモルタルには混和液、練水の他、メー
 カーが特に指定するもの以外は混入しないで下さい。
・ベンリーメンテモルタル硬化前の雨水等による濡れは、
 白華の原因となりますので注意して下さい。
・ベンリーメンテモルタルの品質保持期間は製造後3ヶ月
 です。

■メーカーリンク
二瀬窯業株式会社 

ベンリーメンテペースト

公共住宅建設工事共通仕様書
別冊 機材の品質・性能基準適合品

初期補修用プレミックスポリマーセメントペースト

■特長
・コンクリートの豆板やコールドジョイント等の補修材料
 です。
・接着性、耐透水性、防錆性、中性化抑止性に優れていま
 す。
・紛体と混和材とをセットにした使いやすい荷姿で、混練
 は専用混和液と水道水だけでよく調合ミスがありません

■適用下地
  コンクリート、モルタル、鉄筋

■適用部位
  コンクリート構造物の豆板、コールドジョイント、
  ひび割れ(0.3㎜未満)等の発生している箇所

■適用仕上げ
  仕上塗材、陶磁器質タイル

■荷姿
  13kg箱[紛体:5kg×2 混和液:1.5kg×2]

■標準施工
  適用塗厚1㎜
  8.2㎡/箱
  4.1㎡/6.5kg

■試験表
            ベンリーメンテペースト
             試験結果     要求性能

ひび割れ     浮き、ひび割れなし 浮きひび割れが
                     ないこと

防食性(120時間)  さびの発生なし   さびが発生
                    しないこと

     標準時
     (モルタル板)     3.07      0.60以上
接着強さ (鉄板)     0.87      0.60以上
[N/m㎡] 温冷繰返し
     10サイクル後     2.72      0.60以上
     (モルタル板)

■施工方法
1.下地の準備
 下地の脆弱部分やレイタンス、油脂分、汚れ等をワイヤ
 ブラシやサンダー掛け等で除去し、水洗い清掃または
 高圧洗浄を行って下さい。
 ※浮き・剥落の原因となりますので、下地の清掃は入念
  に行って下さい。

2.材料の混練
 専用混和液(1.5kg)と所定量の水道水(0.2L)を容器に
 入れ、ベンリーメンテペースト紛体(5kg)を徐々に
 加えながらハンドミキサー等で十分に練り混ぜて下さい
 ※強度低下の原因となりますので紛体と混和液及び水の
  調合割合は厳守して下さい。混練後は、夏期30分以内
  冬期60分以内に使い切るようにし、練足し、水を加え
  ての練り戻しは避けて下さい。

3.塗り付け
 ベンリーメンテペーストを刷毛等で下地面によく擦り
 込むように塗布して下さい。
 ※浮きや剥落の原因となりますので、下地面へよく擦り  込むように塗布して下さい。
 ※下地への吸水が激しく刷毛塗り作業が難しい場合は、
  ユニレックス3(原液)を水道水にて5倍に希釈したもの
  を塗布して下さい。

4.養生
 通風や直射日光を避け、必要に応じて屋内では開口部の
 閉鎖、屋外ではシート掛け等の養生を行って下さい。
 また、施工後に降雨や降雪のおそれがある場合も、シー
 ト掛け等の養生を行って下さい。
 ※強度が出ないおそれがあるため、通風や直射日光によ
  り塗付け面の乾燥が激しい場合には、塗付け翌日以降
  に散水養生を行って下さい。
 ※初期の雨掛り等は、強度不足・白華の原因となります
  ので、シート掛け等の養生を行って下さい。白華した
  場合には水洗い等により除去してから、次工程の作業
  を行って下さい。
 ※次工程までは夏期3日以上冬期7日以上の養生期間を
  設けて下さい。

■注意事項
・施工前に補修面を十分に水洗・清掃して下さい。
・気温が3℃以下及び3℃以下になると予想される場合は、
 施工は行わないで下さい。
・直射日光・風雨時にはシート掛け等、十分な養生を行っ
 て下さい。
・ベンリーメンテペーストの保管は、湿気・通風を避ける
 場所にして下さい。
・固まったものの使用は避けて下さい。
・ベンリーメンテペーストには混和液、練水の他、メー
 カーが特に指定するもの以外は混入しないで下さい。
・ベンリーメンテペースト硬化前の雨水等による濡れは、
 白華の原因となりますので注意して下さい。
・ベンリーメンテペーストの品質保持期間は製造後6ヶ月
 です。

■メーカーリンク
二瀬窯業株式会社 

ベンリー防錆リキッド

塗布浸透型防錆剤

■特長
ベンリー防錆リキッドは、強力な浸透力と防錆力をもった鉄筋の防錆剤です。
コンクリート表面や鉄筋の錆び部分に塗布することで有効成分が徐々に浸透して錆を防止し、塩害や中性化による鉄筋コンクリートの劣化を防ぎます。

■適用下地
  コンクリート

■適用部位
  鉄筋コンクリート、鉄筋の錆部分

■性状
  亜硝酸リチウム水溶液
   外観     青色透明液体
   濃度[wt%]   25.5
   比重      1.16
   pH      9.7
   粘度[mPa・s] 2.9

■使用方法
・鉄筋腐食により鉄筋の露出している部分のコンクリート
 鉄筋の裏面まではつり除去して下さい。
・鉄筋はつり面やコンクリート表面を高圧洗浄し、よく
 乾燥させて下さい。
・ベンリー防錆リキッドを原液のままムラ無く塗布して
 下さい。

■標準施工面積
  60㎡(原液塗布) 0.3kg/㎡

■荷姿
  18kgケース(1kgボトル×18個)

■注意事項
・原液のまま使用して下さい。
・製品は使用後密封し、空気に触れないようにして保管
 して下さい。
・気温が3℃以下になると予想される場合は、施工は行わ
 ないで下さい。
・品質保持期間は、製造後約6ヶ月です。
・目に入った場合は、清浄な流水で15分以上よく洗い、
 必要に応じて医師の診断を受けて下さい。
・皮膚についた場合、水と石鹸でよく洗い落として下さい
・吸入し場合、新鮮な空気の場所に移って安静にして下さ
 い。
・飲み込んだ場合、大量の水を飲ませて吐かせた後、医師
 の診断を受けて下さい。
・漏出時の措置、布・紙ウエス・おが屑・砂などに吸収さ
 せて回収して下さい。
・目、皮膚への接触を防止するため保護眼鏡、保護手袋
 などの保護具を、長袖の作業服を着用して下さい。
・取扱後は顔、手、口等は水でよく洗浄して下さい。
・容器からの漏れ、転倒、落下、損傷がない様に荷崩れ
 防止等に配慮して下さい。
・寒冷地での輸送では、凍結しないように配慮して下さい
・内部で廃棄処理する場合は、該当法規に従って廃棄物
 処理を行って下さい。(国、都道府県並びに地方の法規
 条例に従って下さい。)
・外部に委託する場合は、廃棄物処理業者に、内容を明確
 にして処理を委託して下さい。

■メーカーリンク
二瀬窯業株式会社

ベンリーRLモルタル

速硬軽量モルタル(ポリマーセメントモルタル)

UR指定都市機構保全工事共通仕様書
機械及び工法の品質性能基準適合品

■特長
コンクリート、モルタルの欠損部補修用のポリマーセメントモルタルです
軽量モルタルで速硬性を有する為、作業性が良く工期短縮に貢献します。
混練は専用混和材と水道水だけでよく調合ミスがありません。

■適用下地
  コンクリート、モルタル

■適用部位
  コンクリート欠損部、モルタル欠損部 等

■適用化粧材
  仕上塗材、陶磁器質タイル 等

■標準使用量
  10~30㎜  1.1㎡/セット(10mm厚)

■施工手順
1.下地の準備
 下地の脆弱層及び突起物、レイタンス、油分、硬化不良
 汚れ等の部分は、ケレン棒又は、ワイヤーブラシ、サン
 ダー掛け等で除去し、下地面の清掃または高圧洗浄を
 行って下さい。また、鉄筋が露出して発錆している場合
 はスクレーパー、ワイヤーブラシ、研磨紙等で錆を除去
 して下さい。
 ※浮き、剥離の原因となりますので、下地の清掃は入念
  に行って下さい。
 ※鉄筋の発錆を伴う欠損部の場合には、水洗いをさけ、
  ブロアー等を用いて清掃して下さい。

2.下地の処理
 乾燥後、ベンリーメンテペーストを刷毛等でむらなく
 塗布して下さい。
 ※下地への吸水が激しく刷毛塗り作業性が悪い場合は、
  ユニレックス3(原液)を水道水にて5倍に希釈した
  ものを塗布して吸水調整を行てください

3.ベンリーRLモルタルの混練
 専用混和液(1.5kg)と所定量の水(1.5~1.7l)を
 容器に入れ、ベンリーRLモルタル紛体(15kg)を徐々
 に加えながらハンドミキサー等で十分に練り混ぜて下
 さい。
 ※強度低下の原因となりますので粉末と混和液及び水の
  調合割合は厳守して下さい。練置きは夏期15分以内、
  冬期25分以内とし、練足し、水を加えての練り戻しは
  避けて下さい。

4.ベンリーRLモルタルの塗付け
 ベンリーメンテペースト塗布後、ベンリーRLモルタルを
 ジャンカ部や欠損部分にコテ圧をかけて充填して下さい
 ※ベンリーメンテペースト塗布後、製品充填までの工程
  間間隔は、夏期3時間以上、冬期6時間以上を目安とし
  て下さい。
 ※ダレ、われの原因となりますので、1回の塗厚は標準
  仕様の塗圧を厳守して下さい。
 ※標準仕様の塗厚をこえる場合は、2回以上に分けて塗
  りつけて下さい。その際の工程間隔は2時間程度を
  目安として下さい。
 ※壁で深さ30㎜以上あるいは0.1m㎡以上、または上げ
  裏施工の場合は、ステンレスアンカーピン・ステンレ
  ス線を併用して下さい。
 ※速硬軽量タイプの欠損部補修材ですので、欠損部以外
  の施工は避けて下さい。

5.ベンリーメンテペーストによる表面処理
 ベンリーRLモルタルを施工後(5時間以上経過)、充填部
 と周辺の既存モルタル、既存コンクリートの境界面に
 幅150mm(目地振分け75㎜)にわたってベンリーメンテ
 ペーストを刷毛で塗布して下さい。
 ※ひび割れの原因となりますので、標準仕様の塗厚を
  厳守して下さい。

6.養生
 通風や直射日光を避け、必要に応じて屋内では開口部の
 閉鎖、屋外ではシート掛け等の養生を行って下さい。
 また、施工後、降雨、降雪のおそれがる場合も、シート
 掛けの養生を行って下さい。
 ※強度が出ないおそれがあるため、通風や直射日光によ
  り塗付け面の乾燥が激しい場合には、塗付け翌日以降
  に散水養生を行って下さい。
 ※初期の雨掛り等は、強度不足・白華(エフロレッセン
  ス)の原因となりますので、シート掛け等の養生を
  行って下さい。白華した場合には水洗い等により除去
  してから、次工程の作業を行って下さい。
 ※仕上げ材の素地こしらえ等の次工程までの養生は、
  夏期1日以上、冬期2日以上として下さい。

■注意事項
・施工前に補修面を十分に水洗・清掃して下さい。
・材料の保存は、地面や床へ直置きしないようパレット等
 使用して下さい。
・降雨・降雪時の施工は行わないで下さい。
・気温3℃以下及び3℃以下になると予想される場合は、
 施工は行わないで下さい。
・固くなったモルタルへの再加水は行わないで下さい。
・固まったものの使用は避けて下さい。
・ベンリーRLモルタルには混和液、練水の他、メーカーが
 指定するもの以外は混入しないで下さい。
・ベンリーRLモルタル硬化前の雨水等による濡れは、白華
 (エフロレッセンス)の原因となりますので注意して
 下さい。
・ベンリーRLモルタルの品質保持期間は製造後3か月です。

■メーカーリンク
二瀬窯業株式会社

NCエポキシプライマー

水系エポキシ系プライマー(2液タイプ)

■特長
NCエポキシプライマーは、コンクリート・モルタルなどへの打継ぎに使用する水系エポキシ系接着剤です。湿潤・乾燥面のいずれに対しても優れた性能を発揮し、NCショットM、NCショットL等の製品と下地とを強固に接着します。

■用途
  RC構造物補修時の断面修復材のプライマー

■配合と使用量
  配合比 主剤 硬化剤
 (重量比) 1    1  18kgセット 主剤:硬化剤
                  9kg:9kg
 標準塗布量 0.15kg/㎡  4kgセット 主剤:硬化剤
                  2kg:2kg
  ※塗布量は塗布面の状況により異なります。
  ※NCエポキシプライマーはエマルションタイプですが
   さらに水で希釈することは出来ません。
   性能が低下しますので水を添加しないで下さい。

■標準施工面積
           施工面積(㎡)
      標準(0.15kg/㎡) はつり面(0.2kg/㎡)
 4kgセット    27         20
 18kgセット   120         90

■荷姿
  18kgセット        4kgセット
 (主剤9kg+硬化剤9kg)  (主剤2kg+硬化剤2kg)

■混合方法
 ・主剤、硬化剤を配合比通りに計量し、十分に撹拌して
  下さい。
 ・混合後のNCエポシキプライマーの可使時間は90分
  (20℃環境にて)が目安です。
 ※主剤、硬化剤混合後は可使時間内に使用して下さい。
  本製品は可使時間を過ぎても増粘せず作業性からは
  可使時間の判断はできませんので必ず可使時間内に
  使用して下さい。また、一度混合したものは保存出来
  ません。

■施工手順
1.接着不良を防止する為、十分な下地清掃を行って下さい
 (レイタンスや脆弱部分の除去)

2.刷毛等を使用して材料が凹部に溜らないようい均一に
 塗布して下さい。

3.塗布直後、乾燥を持たずに上塗材をかけることが可能
 です。また、塗布後4時間(20℃環境にて)までは上塗
 材をかけることが可能です。それ以上に時間が経過した
 場合には、接着不良につながりますので再塗布して
 下さい。
 
    上塗材の施工可能範囲  
 20℃    0~4時間   

  目安として夏期0~2時間以内、冬期0~8時間です。

※施工、養生は5℃以上の環境で行って下さい。5℃以下の
 場合は加温対策を行って下さい。

■注意事項
・内容物の河川流出等環境への放出は避けて下さい。
・廃棄する場合は、許可を受けた産業廃棄物処理業者に
 委託してください。
・溶剤は機械及び施工器具等の洗浄以外には使用しないで
 下さい。
・保存は直射日光や雨水を避けて冷暗所で行って下さい。
・NCエポキシプライマーはエマルションタイプですので
 0℃以下になると凍結し、使用できなくなりますので
 冬季は必ず屋内(5℃以上)に保管して下さい。
・主剤及び硬化剤は空気中に放置しますと、炭酸ガス、
 酸素等により変質します。一度開封したものは必ず密封
 して保存して下さい。
・製品の安全な取扱いについては安全データシート
 (SDS)を参照し、充分に注意して使用して下さい。
・NCエポキシプライマーはの品質保持期間は、5~35℃の
 保管温度かつ未開封状態で製造後6ヶ月です。

■メーカーリンク
二瀬窯業株式会社

パワージェット24Nパック

現場練混ぜ用 超速硬コンクリート

パワージェット24Nパックは、橋梁の伸縮装置の取換え工事用の材料として作業性を追求しつつ、3時間で24N/m㎡以上の圧縮強度を発言する現場練混ぜ用の超速硬コンクリートパックです。超速硬プレミックスモルタルと粗骨材(砂利)に加え、硬化時間調整材を現場での施工・配合管理がしやすい荷姿でご用意しています。

■特長
・施工現場の最適なタイミングで、超速硬コンクリートを
 施工出来ます。
・現場の状況に合わせて必要な量を混練り打設でき、材料
 時間ロスが減ります。
・パワージェット24Nパックの作業時間(現場練り~硬化
 までの時間)は、付属するパワージェットセッターの
 添加量で調整できます。
・パワージェット24Nパックは、3時間で24N/m㎡以上の
 圧縮強度を発現し、長期的にも安定した強度増進が期待
 できます。

■用途
 緊急工事、橋梁の伸縮装置の取換え工事、コンクリート
 欠損断面補修、コンクリート床版補修、間詰め・埋戻し
 時のコンクリート工事

■配合(例)

 配合  モルタルパック  砂利パック  混練水量
    パワージェット24N  粗骨材   (水道水)
1パック    20kg      15kg    2.6~2.9L
 1m3          64パック     

 練上がり量=約15.8L

■物性(例)
 温度 1セットあたり パワージェットセッター スランプ
 (℃)  混練水量   添加量   (cm)
 20℃  2.75L     0.5個   12.5

     圧縮強度(N/m㎡)
  3時間   6時間   7日
  27.5    32.6   51.2

■荷姿
 パワージェット24N(モルタルパック)…20kg紙袋
 粗骨材(砂利パック)…15kgポリ袋
 パワージェットセッター…25gポリ袋

■注意事項
・パワージェット24Nパックは、1セットあたりの混練水は
 2.6~2.9Lの範囲でご使用下さい。
・モルタルパック(パワージェット24N)を練り上げてから
 砂利パック(粗骨材)を投入して下さい。
・パワージェット24Nパックの練り上がり量は約15.8Lです
・ハンドリング時間の確保は、パワージェットセッターの
 添加量で調整し、混練水に溶かしてからご使用下さい。
・混練は、コンクリート用強制練りミキサーをご使用下さ
 い。
・低温化では、練上がり温度を10℃以上にし、コンクリー
 ト打設後は保温養生を行って下さい。
(保管上の注意)
・製品の保管は、湿気の少ない場所にパレット等を利用し
 地面(床)より離して保管して下さい。
・風雨雪や直射日光のあたる場所は避け、必要に応じて
 シート掛けなど十分な養生を行って下さい。
(取扱い上の注意)
・取扱いには、適切な保護具(ゴム手袋、保護メガネ、
 マスク等)を着用して下さい。
・取扱後は、顔、手、口等は、水道水で洗浄して下さい。
(安全上の注意)
・目に入った場合は、速やかに多量の水道水で目を洗い、
 状況に応じ眼科医師の診断を受けて下さい。
・皮膚に付着した場合は、付着した部分を石鹸で洗い流し
 た後、状況に応じて医師の診断を受けて下さい。
・吸入して気分が悪くなった場合は、速やかに空気の新鮮
 な場所に移動してうがい等を行って下さい。
 気分が優れない場合は、状況に応じて医師の診断を受け
 て下さい。
・誤って飲み込んだ場合は、多量の水道水を飲み吐きだし
 た後、直ちに医師の診断を受けて下さい。
(輸送上の注意)
・紙袋である為、荷積みに注意し荷崩れ防止等に配慮して
 下さい。
・紙袋である為、降雨等の水濡れ防止に配慮して下さい。
(漏出時の注意)
・飛散した粉末は、掃除機等で吸い取って回収して下さい
(廃棄上の注意)
・内部で廃棄処理する場合は、該当法規に従って廃棄物
 処理を行って下さい。
(国、都道府県並びに地方の法規、条例に従って下さい)
・外部に委託する場合は、法的に許可を受けた廃棄物処理
 業者に、内容を明確にして処理を委託して下さい。

■メーカーリンク
二瀬窯業株式会社

NC防錆ペースト

亜硝酸リチウム配合ポリマーセメント系鉄筋防錆材
NEXCO構造物施工管理要領
「鉄筋防錆材の性能照査項目」適合品

■特長
NC防錆ペーストは、ポリマーセメント系材料に亜硝酸リチウムを配合した鉄筋防錆材です。中性化や塩害等で腐食した鉄筋に塗布する事でアルカリ付与すると共に強固な表面被覆を形成することで腐食・中性化を抑制し、防錆効果が持続します。

■適用部位(用途)
  コンクリート構造物の鉄筋防錆

■標準塗布量
  1.4kg/㎡(1㎜厚)

■標準施工面積
  4.6㎡/セット

■荷姿
  6.5kg化粧箱入り(1セット/箱)
  13kg化粧箱入り(2セット/箱)
 1セット
  NC防錆ペースト 主材(セメント系紛体)…5kg
  NC防錆ペースト 混和液A
  (水性アクリル系エマルション)…1.3kg
  NC防錆ペースト 混和液B
  (亜硝酸リチウム水溶液)…0.2kg

■施工手順
1.下地清掃
 コンクリートはつり面の脆弱部および鉄筋表面の錆を、
 ケレン清掃等により取り除いて下さい。
 ※ケレン後の鉄筋は発錆しやすい状態にある為、概ね
  2時間以内にNC防錆ペーストを塗布して下さい。

2.調合
 水道水、NC防錆ペースト混和液A、NCペースト混和液Bを
 混練容器に投入後、ハンドミキサー等で撹拌しながら
 NC防錆ペースト主材を徐々に投入し、ダマ等の残らない
 ように2~3分間よく混練して下さい。混練した材料は
 30分以内に使いきって下さい。

  NC防錆ペースト主材  5kg
        +
  NC防錆ペースト混和液A 1.3kg
        +
  NC防錆ペースト混和液B 0.2kg
        +
  水道水 0.4~0.6kg

3.施工
 施工面(鉄筋)が乾いている事を確認後、刷毛を使用し
 て1㎜を目安に塗布して下さい。

4.養生
 施工後、直射日光・風等を避け、必要に応じて、シート
 掛け養生等を行って下さい。また、施工後、降雨・降雪
 の恐れがある場合にもシート掛け養生を行い、特に寒冷
 時には保温養生を行って下さい。
 次行程までの養生期間は夏期1日以上、冬期2日以上と
 して下さい。

■注意事項
・ご使用にあたってはマスク、手袋、防塵マスク等を使用
 してください。
・目に入った時は、清浄な水で洗眼した後、直ちに医師の
 手当を受けてください。
・飲み込んだ場合は、水で口の中を洗い、直ちに医師の
 手当を受けてください。
・材料の保管に際しては、地面や床へ直置きしないよう
 パレット等使用して湿気を避け、直接日光や雨掛のない
 ようシート掛けなどを施したうえ、0℃以上、40℃以下の
 場所に保管してください。
・降雨・降雪時の施工は行わないで下さい。
・気温5℃以下及び5℃以下になると予想される場合は、
 施工は行わないでください。
・酷暑時には、材料の練り上がり温度が概ね30℃以下にな
 るよう、練水に冷水を用い、また寒冷時には、温水を
 用いる等の対策を講じてください。
・固くなったモルタルへの再加水は行わないでください。
・本製品には練水、混和液の他、メーカーが特に指定する
 もの以外は混入しないでください。
・本製品の品質保持期間は製造後6ヶ月です。

■メーカーリンク
二瀬窯業株式会社

NCソリッドG

下水処理施設補修用断面修復材(耐酸モルタル)
(ポリマーセメントモルタル)

■特長
NCソリッドGは、細骨材として独自の球形化技術にて特殊加工した高炉水砕スラグを配合したセメント系プレミックス(一材型)ポリマーセメントモルタルです。高炉水砕スラグ細骨材を配合することで材料がより緻密な構造となり、耐酸性等、各種物性に優れ長期安定性を発揮する下水処理施設補修の断面修復材として最適の性能を有した作業性の良い材料です。

■適用部位
  下水処理場、下水ポンプ場、下水管渠、
  コンクリート・モルタル構造物欠損 等

■適用下地
  コンクリート、モルタル

■練り上がり表
  13.1L

■標準使用量
  約0.43㎡(30㎜厚)  1m3=約77袋

■荷姿
  25kg紙袋

■施工手順
1.下地処理
 下地のぜい弱部分や硬化不良部、劣化部位等は除去し、
 健全な下地を露出させて下さい。
 予め防錆処理や剥落防止措置等を行って下さい。
 ※浮き、剥落の原因となりますので、下地の清掃は入念
  に行って下さい。

2.プライマー処理
 専用プライマーを施工面に塗布してプライマー処理を
 行って下さい。
 ※ムラ無く丁寧に塗布して下さい。

3.調合
 NCソリッドG(25kg)に水道水3.6~4.2Lを調合し、
 モルタルミキサー等で練り残しのない様によく混練して
 下さい。
 ※外気温、水温等により可使時間や施工性が変わるため
  施工性の確認を行いながら、規定水量の範囲内で調整
  して下さい。
 ※練置きは夏期20分、冬期40分以内とし、練足し、水を
  加えての練り戻しはしないで下さい。

4.施工
 施工面に対し、十分にコテ圧をかけてしごき塗りを行
 った後、追っかけにて塗り付けて下さい。一回の塗り
 付け厚さは15㎜程度を限度として下さい。

5.養生
 施工後、直射日光・風等を避け、必要に応じて、シート
 掛け養生等を行って下さい。また、施工後、降雨・降雪
 の恐れがある場合にもシート掛け養生を行い、特に寒冷
 時には保温養生を行って下さい。

■注意事項
・ご使用にあたってはマスク、手袋、防塵マスク等を使用
 してください。
・目に入った時は、清浄な水で洗眼した後、直ちに医師の
 手当を受けてください。
・飲み込んだ場合は、水で口の中を洗い、直ちに医師の
 手当を受けてください。
・材料の保存は、地面や床へ直置きしないようパレット等
 使用して湿気を避け、直接日光や雨掛のないようシート
 掛けなどを施してください。
・降雨・降雪時の施工は行わないでください。
・気温5℃以下及び5℃以下になると予想される場合は、
 施工は行わないでください。
・酷暑時には、材料の練上がり温度が概ね30℃以下になる
 よう、練水に冷水を用い、また寒冷時には、温水を用い
 る等の対策を講じてください。
・固くなったモルタルへ再加水は行わないでください。
・NCソリッドGには練水の他、メーカーが特に指定する
 もの以外は混入しないでください。
・NCソリッドGは硬化前の雨水等による濡れは、白華
 (エフロレッセンス)の原因となりますので注意して
 ください。
・NCソリッドGの品質保持期間は製造後4ヶ月です。

■メーカーリンク
二瀬窯業株式会社

NCショットM

NETIS:QS-150001-A 登録
NEXCO断面修復材規格適合材料

コンクリート断面修復材
(ポリマーセメントモルタル)

■特性
NCショットMは、細骨材として独自の球形化技術にて特殊加工した高炉水砕スラグを配合したセメント系プレッミクス(一材型)ポリマーセメントモルタルです。高炉水砕スラグ細骨材を配合することで材料がより緻密な構造となり、耐透水性等、各種物性に優れ長期安定性を発揮するコンクリート構造物の断面修復材として最適の性能を有した作業性の良い材料です。

■適用部位
  コンクリート構造物の断面修復

■適用下地
  コンクリート、モルタル

■練り上がり量
  13.0L

■標準使用量
  約0.87㎡(15㎜厚) 1m3=約77袋

■荷姿
  25kg紙袋

■施工手順
1.下地処理
 下地のぜい弱部分や硬化不良部、劣化部位等は除去し、
 健全な下地を露出させて下さい。
 予め防錆処理や剥落防止措置等を行って下さい。
 ※浮き、剥落の原因となりますので、下地の清掃は入念
  に行って下さい。

2.プライマー処理
 専用プライマーを施工面に塗布してプライマー処理を
 行って下さい。
 ※ムラ無く丁寧に塗布して下さい。

3.調合
 NCショットM(25kg)に水道水3.7~4.1kgを調合し、
 モルタルミキサー等で練り残しのない様によく混練して
 下さい。
 ※外気温、水温等により可使時間や施工性が変わるため  施工性の確認を行いながら、規定水量の範囲内で調整
  して下さい。
 ※練置きは夏期40分、冬期60分以内とし、練足し、水を
  加えての練り戻しはしないで下さい。

4.施工
 施工面に対し、十分にコテ圧をかけてしごき塗を行った
 後、追っかけにて塗り付けて下さい。一回の塗り付け厚
 さは壁面で15㎜程度、天井面で10㎜程度を限度として
 下さい。

5.養生
 施工後、直射日光・風等を避け、必要に応じて、シート
 掛け養生等を行って下さい。また、施工後、降雨・降雪
 の恐れがある場合にもシート掛け養生を行い、特に寒冷
 時には保温養生を行って下さい。

■注意事項
・気温が5℃以下及び5℃以下になると予想される場合は、
 ジェットヒーター等による採暖措置を講じ、作用場の
 雰囲気温度を上げて下さい。
・酷暑時には、材料の練りあがり温度が概ね30℃以下に
 なる様、練り水に冷水を用い、また寒冷時には温水を
 用いる等の対策を講じて下さい。
・直射日光、風雨時にはシート掛けなど、十分な養生を
 して下さい。
・材料の保管は、パレット等を利用し、地面(床)から
 離して室内など湿気・通風を避ける場所にして下さい。
・固まったものの使用は避けて下さい。
・材料には練水の他、メーカーが特に指定するもの以外
 は混入しないで下さい。
・本製品の品質保持期間は、製造後約6ヶ月です。

■メーカーリンク
二瀬窯業株式会社

NCショットL

NETIS:QS-150001-A登録
NEXCO断面修復材規格適合材料

コンクリート断面修復材 軽量・速硬タイプ
(ポリマーセメントモルタル)

■特性
NCショットLは、細骨材として独自の球形化技術にて特殊加工した高炉水砕スラグを配合した速硬性を有するセメント系プレミックスポリマーセメントモルタルです。高炉水砕スラグ細骨材を配合することで材料がより緻密な構造となり、各種物性に優れ長期安定性を発揮するコンクリート構造物の断面修復材として最適の性能を有した作業性の良い材料です。天井部分の断面修復にもご使用頂けます。

■適用部位
  コンクリート構造物の断面修復

■適用下地
  コンクリート、モルタル

■練り上がり量
  14.3L

■標準使用量
  約0.95㎡(15㎜厚)  1m3=約70袋

■荷姿
  20kg紙袋

■施工手順
1.下地処理
 下地のぜい弱部分や硬化不良部、劣化部位等は除去し、
 健全な下地を露出させて下さい。
 予め防錆処理や剥落防止措置等を行って下さい。
 ※浮き・剥落の原因となりますので、下地の清掃は入念
  に行って下さい。

2.プライマー処理
 専用プライマーを施工面に塗布して吸水調整を行って
 下さい。
 ※ムラ無く丁寧に塗布して下さい。

3.調合
 NCショットL(20kg)とNCショットL専用混和液(2kg)と
 水道水を1.8~2.2kgを調合し、モルタルミキサー等で
 練り残しのない様によく混練して下さい。
 ※外気温、水温等により可使時間や施工性が変わるため
  施工性の確認を行いながら、規定水量の範囲内で調整
  して下さい。
 ※練置きは夏期20分、冬期40分以内とし、練足し、水を
  加えての練り戻しはしないで下さい。

4.施工
 施工面に対し、十分にコテ圧をかけてしごき塗りを行っ
 った後、追っかけにて塗り付けて下さい。一回の塗り付
 け厚さは壁面で30㎜程度、天井面で15㎜程度を限度とし
 て下さい。
 標準厚さに到達するまで数回に分けて施工を行って下さ
 い。

5.養生
 施工後、直射日光・風等を避け、必要に応じて、シート
 掛け養生等を行って下さい。また、施工後、降雨・降雪
 の恐れがある場合にもシート掛け養生を行い、特に寒冷
 時には保温養生を行って下さい。

■注意事項
・気温が5℃以下及び5℃以下になると予想される場合は、
 ジェットヒーター等による採暖措置を講じ、作業場の
 雰囲気温度を上げて下さい。
・酷暑時には、材料の練り上がり気温が概ね30℃以下に
 なる様、練り水に冷水を用い、また寒冷時には、温水
 を用いる等の対策を講じてください。
・直射日光、風雨時にはシート掛けなど、十分な養生をし
 て下さい。
・材料の保管は、パレット等を利用し、地面(床)から
 離して室内など湿気・通風を避ける場所にして下さい。
・固まったものの使用は避けて下さい。
・材料には練水の他、メーカーが特に指定するもの以外は
 混入しないで下さい。

■メーカーリンク
二瀬窯業株式会社

NCウォータープロテクトアンダー

水道施設向け断面補修材
(ポリマーセメントモルタル)

■特長
・水道施設のコンクリート構造物の断面修復・欠損部補修
 に最適な表層仕上用プレミックスモルタルです。
・原料に高炉水砕スラグ細骨材に加え、高性能な粉末樹脂
 を配合している為、各種物性に優れ長期安定性を発揮し
 ます。
・作業性が良く、現場では水道水を規定量加えるだけで施
 工出来ます。
・リサイクル原料を積極的に使用した環境負荷低減に貢献
 する材料です。

■適用部位
  水道施設のコンクリート構造物の断面補修材

■適用下地
  コンクリート、モルタル

■練り上がり量
  13.4L

■標準使用量
  約2.7㎡(塗厚:5㎜)
  約1.3㎡(塗厚:10㎜)
  1m3=75袋

■荷姿
  25kg紙袋

■施工手順
1.下地処理
 下地のぜい弱部分や硬化不良部、劣化部位等は除去し、
 健全な下地を露出させて下さい。予め防錆処理や剥落
 防止措置等を行って下さい。躯体の清掃は入念に行って
 下さい。

2.吸水調整
 吸水調整材ユニレックス3(原液)を水道水で5倍に
 希釈したものを施工面に塗布して吸水調整を行って下さ
 い。

3.調合
 撹拌用容器の中に水道水を3.6~4.2kg(※施工時の
 気温等によって変動)を入れ、次に紛体を投入しながら
 ハンドミキサー等で泡の巻きこみや固まりができないよ
 う十分に混練して下さい。(約3分)

4.施工
 施工面に対し十分にコテ圧をかけしごき塗りを行った後
 追っかけにて塗り付けて下さい。一回の塗付け厚さは、
 壁面で15㎜程度を限界として下さい。基準厚さに到達す
 るまで数回に分けて施工を行って下さい。

■注意事項
1.気温が5℃以下及び5℃以下になると予想される場合は、
 ジェットヒーター等になる採暖装置を講じ、作業場の
 雰囲気温度を上げて下さい。
2.温度が高く、結露を発生しやすい箇所では硬化不良を
 起こしやす為、必ず換気を行って下さい。
3.施工後、通風や直射日光等により急激な乾燥の恐れが
 ある場合には、シート掛けなど、十分な養生を行って
 下さい。
5.固まったものの使用は避けて下さい。
6.材料には練水の他、メーカーが特に指定するもの以外は
 混入しないで下さい。

■メーカーリンク
二瀬窯業株式会社

NCウォータープロテクト

水道施設向け表層仕上用断面修復材
(高可とう性タイプ・特殊繊維配合)
(ポリマーセメントモルタル)

■特長
・水道施設のコンクリート構造物の断面修復・欠損部補修
 に最適な表層仕上用プレミックスモルタルです
・高可とう性を発揮する特殊樹脂と、特殊繊維を配合して
 いる為、クラック抑制効果が期待できます
・原料に高炉水砕スラグ細骨材を配合している為、高炉
 スラグの持つ潜在水硬性により、各種物性に優れ長期
 安定性を発揮します。
・作業性が良く、現場では水道水を規定量加えるだけで
 施工できます。
・リサイクル原料を積極的に使用した環境負荷低減に貢献
 する材料です。

■適用部位
 水道施設のコンクリート構造物の表層仕上用断面補修材

■適用下地
 コンクリート、モルタル

■適用仕上
 一種ポリマーセメント、二種エポキシ
 三種ビニルエステル

■練り上がり量
 13.7L

■標準使用量
 約2.7㎡ 塗厚:5㎜ 1m3=73袋

■荷姿
  25kg紙袋

■施工手順
1.下地処理
 下地のぜい弱部分や硬化不良部、劣化部位等は除去し、
 健全な下地を露出させて下さい。予め防錆処理や剥落
 防止措置等を行って下さい。躯体の清掃は入念に行い、
 十分な水湿しを行ってください。
 5㎜以上の欠損部については予め、NCウォータープロ
 テクトアンダー(厚塗断面補修材)にて補修を行って
 下さい。

2.吸水調整
 吸水調整材ユニレックス3(原液)を水道水で5倍に希釈
 したものを施工面に塗布して吸水調整を行って下さい。
 ※ドライアウトの原因になりますので、下地への急激
  な吸水を調整する為に希釈倍率は厳守し、ムラ無く
  丁寧に塗布して下さい。

3.調合
 撹拌用容器の中に水道水4.2~4.6kg(※施工時の気温
 等によって変動)を入れ、次に紛体を投入しながらハン
 ドミキサー等で泡の巻きこみや固まりができないよう
 十分に混練して下さい。(約3分)
 ※外気温、水温等により可使時間や施工性が変わるため
  施工性の確認を行いながら、規定水量の範囲内で調整
  して下さい。
 ※練置きは夏期20分、冬期40分以内とし、練足し、水を
  加えての練り戻しはしないで下さい。

4.施工
 最初の一層は、約3㎜程度で下地面に対して充分にしご
 き塗りを行って下さい。
 その後、所定の厚みまで塗付けて仕上げて下さい。
 ※1回の最大塗厚は5㎜程度です。

■注意事項
1.気温が5℃以下及び5℃以下になると予想される場合は、
 ジェットヒーター等になる採暖装置を講じ、作業場の
 雰囲気温度を上げて下さい。
2.温度が高く、結露を発生しやすい箇所では硬化不良を
 起こしやす為、必ず換気を行って下さい。
3.施工後、通風や直射日光等により急激な乾燥の恐れが
 ある場合には、シート掛けなど、十分な養生を行って
 下さい。
5.固まったものの使用は避けて下さい。
6.材料には練水の他、メーカーが特に指定するもの以外は
 混入しないで下さい。

■メーカーリンク
二瀬窯業株式会社

カチオンプラス#2

カチオンプラス#2
(ポリマーセメントモルタル)

■カチオン性下地調整材(1.5~2㎜)

カチオンプラス#2は、高性能なカチオン性アクリル樹脂を
配合したセメント系プレミックス(一材型)ポリマーセメント
モルタルで、安定した接着力を有することで新築の吹付下地
や塗装下地、防水工事(仲介接着、仮防水機能)あるいはリニ
ューアル浩二における下地処理など、様々な下地調整にご使
用頂ける汎用性に優れた高性能な下地調整材です。

■特徴
1.高性能な再乳化型粉末樹脂を配合していますので、各種
 下地に対する接着性に優れ、耐久性に優れます。
2.規定量の水道水と練り混ぜるだけで簡単かつ高品質な材
 料を安定して作ることが出来るので品質管理が容易で経済
 的です。
3.紙袋の為、廃材の処理がしやすく現場の環境負荷低減に
 も貢献します。
4.作業性が良く、施工効率が向上することで工期短縮が
 図れます。

■荷姿         ■標準施工面積
 20kg紙袋        7㎡/袋 (2㎜塗厚)

■適用部位
 内・外装、壁面、床面、天井

■適用下地
 コンクリート、モルタル、ブロック、PC板、ALC板、既存タイル施工面等

■適用仕上
 吹付材、モルタル、タイル、防水剤

■施工手順
清掃(補修)
 脆弱な旧仕上材、下地の脆弱層、レイタンス、油脂、汚れ
 等はワイヤーブラシ、サンダー掛け等で除去し、水洗いま
 たは高圧洗浄を行って下さい。
 ※浮き、剥落の原因となりますので下地の清掃は入念に
 行って下さい。

吸水調整
 コンクリートやモルタルなど吸水のある下地の場合は、ユ
 ニレックス3(原液)の3倍希釈液を左官刷毛等でムラなく
 塗布して下さい。ブロックやALC板等、吸水の激しい下地
 の場合は、ユニレックス3(原液)の5倍希釈液を塗布後、
 乾燥を待ってもう一度塗布して下さい。(2回塗り)
※ドライアウトの原因になりますので、下地への急激な吸水
 を調整する為に希釈倍率は厳守し、ムラなく丁寧に塗布し
 てください。
※ブロック等、下地の動きが想定される場合は、適切なひび割
 れ抑制措置が必要です。

調  合
 カチオンプラス#2粉体(20kg)と水道水3.0Lで調合し、
 モルタルミキサー等で練り残しのない様によく混練する
※強度低下の原因となりますので粉体と水道水の調合割合は
 厳守して下さい。
※練置きは夏期40分、冬期60分以内とし、練足し、水を
 加えての練り戻しはしないでください。

塗付け
 コテ圧をかけて下地に擦り込むように塗付けた後、所定の
 厚さになるように塗付けて下さい。
 仕上材の種類によって、金ゴテ押さえ等を行って下さい。
※浮きや剥がれの原因になりますので所定厚以上の塗付けは
 しないでください。

養  生
 通風や直射日光を避け、必要に応じて屋内では開口部の閉
 鎖、屋外ではシート掛け等の養生を行って下さい。
※強度が出ないおそれがある為、通風や直射日光により塗り
 付け面の乾燥が激しい場合には、塗付け翌日以降に散水
 養生を行って下さい。
※初期の雨掛かり等は、強度不足・白華の原因となりますの
 で、シート掛け等の養生を行って下さい。白華した場合には
 水洗い等により除去してから、次工程の作業を行って下さ
 い。
※仕上材の浮きやはがれ、剥落の原因となりますので塗付け
 後、仕上までの養生は夏期7日以上、冬期14日以上とし
 て下さい。

■注意事項
1.気温が3℃以下及び3℃以下になると予想される場合は
 施工は行わないでください。
2.弊社が特に指定するもの以外は混入しないでください。
3.使用後の道具は速やかに水洗いして下さい。
4.カチオンプラス#2の品質保持期間は製造後3ヶ月です

■メーカーリンク
二瀬窯業株式会社

プレミックスK2

㈱公共建築協会 建築材料等評価名簿掲載材料

タイル張付材・下地調整材(ポリマーセメントモルタル)

プレミックスKは、高性能な粉末樹脂を配合した陶磁器質タイルのコンクリート直張り工法に対応するプレミックスポリマーセメントモルタルです。2~5㎜までの下地調整材としても使用できます。

■適用下地
 モルタル、コンクリート、PC板、押出成形板、
 ALCパネル

■適用部位
 内外装壁面、内外装床面

■適用タイル
 陶磁器質タイル(モザイクタイル、小口平)、床タイル

■荷姿
 25kg紙袋

■適用塗厚
 タイル張付材として  4~6㎜
 下地調整材として   2~5㎜
 ※JIS A 6916(CM-2)の適用範囲は3~10㎜

■標準施工面積
 タイル張付材として  約4㎡/袋(4㎜厚)
 下地調整材として   約4㎡/袋(5mm厚)

■施工方法
(下地調整)
1.下地処理
 下地の脆弱層・レイタンス・油脂分などをワイヤーブラシ
 やサンダー、高圧洗浄等で除去して下さい。下地がコンク
 リート、PC板の場合は(超)高圧洗浄やカップリング等で
 下地表面の目荒しを行って下さい。目荒し後は十分な水洗
 いを行って下さい。

2.吸水調整
 下地の乾燥後、ユニレックス3の5倍希釈液を刷毛等で
 ムラなく塗布して下さい。

3.材料の混練
 プレミックスK(25kg)に水道水を約5L加え、ハンドミキサ
 ー等の機械器具で練混ぜて下さい。練混ぜた材料は夏期
 40分以内、冬期60分以内に使い切って下さい。

4.塗付け
 下地に一度しごき付けるように塗付け、一回の塗り厚
 5mm以下になるように重ね塗りして下さい。塗り厚が
 5mmを超える場合は3日間以上養生してから重ね塗りし
 て下さい。

5.養生
 直射日光・強風・降雨・降雪をうける恐れのある場合は、
 シート掛け等により養生して下さい。

(タイル張り)
1.下地処理
 下地の脆弱層・レイタンス・油脂分などをワイヤーブラシ
 やサンダー、高圧洗浄等で除去して下さい。下地がコンク
 リート、PC板の場合は(超)高圧洗浄やカップリング等で
 下地表面の目荒しを行って下さい。目荒し後は十分な水洗
 いを行って下さい。

2.吸水調整
 下地の乾燥後、ユニレックス3の5倍希釈液を刷毛等で
 ムラなく塗布して下さい。

3.材料の混練
 プレミックスK(25kg)に水道水を約5L加え、ハンドミキサ
 ー等の機械器具で練混ぜて下さい。練混ぜた材料は夏期
 40分以内、冬期60分以内に使い切って下さい。

4.塗付け
 下地に一度しごき付けるように塗りつけ、所定の塗り厚
 (4~6㎜)になるように重ね塗りして下さい。1回の
 塗り面積は15分以内にタイルを張付けできる範囲とし、
 かつ2㎡を限度として下さい。
 気象条件によって乾燥速度が変わりますので適宜調整して
 下さい。

5.タイルの張付け
 タイルの張り付け工法は、現場の仕様に従って下さい。
 モザイクタイル張り、マスク張り、密着張り、改良圧着張
 り等、いずれかの方法をJASS19陶磁器質タイル張り工事
 の仕様にしたがって張り付けて下さい。施工中、適宜にタ
 イルを剥がし取り接着状況(タイル裏面への充填)の確認を
 行って下さい。密着目地直しは、速やかに行って下さい。
 張付け材層が固くなって無理やり動かすと接着界面にズレ
 を生じさせてしまい、剥離の原因になりますのでご注意下
 さい。

6.養生
 直射日光・強風・降雨・降雪をうけるおそれのある場合
 は、シート掛け等により養生して下さい。目地詰めは
 2日間以上経過してから行って下さい。

■注意事項
・製品の保管は、屋内の湿気の少ない場所で、パレット等に
 載せて床から離して下さい。
・製品は製造年月日を確認して、3ヶ月以内にご使用下さ
 い。
・固まったものの使用は避けて下さい。
・気温が3℃以下及び3℃以下になると予想される場合は、
 施工は行わないで下さい。
・製品には練水、ユニレックス3の他、指定する材料以外は
 混入しないで下さい。
・製品のお取扱いに際しては、適切な保護具(保護手袋、保
 護メガネ、防塵マスク等)を着用のうえ、適切な安全対策
 を実施して下さい。
※PL法に関しては袋の裏面をよくお読み下さい。

■メーカーリンク
二瀬窯業株式会社

プレミックスK

タイル張付材・下地調整材(ポリマーセメントモルタル)

プレミックスK2は、高性能な粉末樹脂を配合した陶磁器質タイルのコンクリート直張り工法に対応するプレミックスポリマーセメントモルタルです。2~5㎜までの下地調整材としても使用できます。

■適用下地
 モルタル、コンクリート、PC板、押出成形板、
 ALCパネル

■適用部位
 内外装壁面、内外装床面

■適用タイル
 陶磁器質タイル(小口平、二丁掛タイル)、床タイル

■荷姿
 25kg紙袋

■適用塗厚
 タイル張付材として  5~8㎜
 下地調整材として   2~5㎜
 ※JIS A 6916(CM-2)の適用範囲は3~10㎜

■標準施工面積
 タイル張付材として  約2.5㎡/袋(6㎜厚)
 下地調整材として   約5㎡/袋(3mm厚)

■施工方法
(下地調整)
1.下地処理
 下地の脆弱層・レイタンス・油脂分などをワイヤーブラシ
 やサンダー、高圧洗浄等で除去して下さい。下地がコンク
 リート、PC板の場合は(超)高圧洗浄やカップリング等で
 下地表面の目荒しを行って下さい。目荒し後は十分な水洗
 いを行って下さい。

2.吸水調整
 下地の乾燥後、ユニレックス3の5倍希釈液を刷毛等で
 ムラなく塗布して下さい。

3.材料の混練
 プレミックスK(25kg)に水道水を約4.7L加え、ハンドミキ
 サー等の機械器具で練混ぜて下さい。練混ぜた材料は夏期
 40分以内、冬期60分以内に使い切って下さい。

4.塗付け
 下地に一度しごき付けるように塗付け、一回の塗り厚
 5mm以下になるように重ね塗りして下さい。塗り厚が
 5mmを超える場合は3日間以上養生してから重ね塗りし
 て下さい。

5.養生
 直射日光・強風・降雨・降雪をうけるおそれのある場合
 は、シート掛け等により養生して下さい。目地詰めは
 2日間以上経過してから行って下さい。

(タイル張り)
1.下地処理
 下地の脆弱層・レイタンス・油脂分などをワイヤーブラシ
 やサンダー、高圧洗浄等で除去して下さい。下地がコンク
 リート、PC板の場合は(超)高圧洗浄やカップリング等で
 下地表面の目荒しを行って下さい。目荒し後は十分な水洗
 いを行って下さい。

2.吸水調整
 下地の乾燥後、ユニレックス3の5倍希釈液を刷毛等で
 ムラなく塗布して下さい。

3.材料の混練
 プレミックスK(25kg)に水道水を約4.7L加え、ハンドミキ
 サー等の機械器具で練混ぜて下さい。練混ぜた材料は夏期
 40分以内、冬期60分以内に使い切って下さい。

4.塗付け
 下地に一度しごき付けるように塗りつけ、所定の塗り厚
 (5~8㎜)になるように重ね塗りして下さい。1回の塗り面
 積は15分以内にタイルを張付けできる範囲とし、かつ
 2㎡を限度として下さい。
 気象条件によって乾燥速度が変わりますので適宜調整して
 下さい。

5.タイルの張付け
 タイルの張り付け工法は、現場の仕様に従って下さい。
 密着張り改良圧着張り等、いずれかの方法をJASS19陶磁
 器質タイル張り工事の仕様にしたがって張り付けて下さ
 い。施工中、適宜にタイルを剥がし取り接着状況(タイル
 裏面への充填)の確認を行って下さい。密着目地直しは、
 速やかに行って下さい。張付け材層が固くなって無理やり
 動かすと接着界面にズレを生じさせてしまい、剥離の原因
 になりますのでご注意下さい。

6.養生
 直射日光・強風・降雨・降雪をうけるおそれのある場合
 は、シート掛け等により養生して下さい。目地詰めは
 2日間以上経過してから行って下さい。

■注意事項
・製品の保管は、屋内の湿気の少ない場所で、パレット等
 に載せて床から離して下さい。
・製品は製造年月日を確認して、3ヶ月以内にご使用下さ
 い。
・固まったものの使用は避けて下さい。
・気温が3℃以下及び3℃以下になると予想される場合は、
 施工は行わないで下さい。
・製品には練水、ユニレックス3の他、指定する材料以外は
 混入しないで下さい。
・製品のお取扱いに際しては、適切な保護具(保護手袋、保
 護メガネ、防塵マスク等)を着用のうえ、適切な安全対策
 を実施して下さい。
※PL法に関しては袋の裏面をよくお読み下さい。

■メーカーリンク
二瀬窯業株式会社

ストーンボンド

石材・大型タイル・スライスブリック等の接着材

現在の建築物は今までの建築物とちがい住まいという感覚よりもファッション的感覚へと変わっていこうとしています。そのため、現在の施工で美観を作りだすために石材が広く一般的に使われ始めました。今現在の施工法にはいろいろありますが、一般的に使われているのがエポキシ系接着剤です。これが価格の問題、施工上の問題といろんな問題をかかえております。
この問題を解消するために作られたのが<ストーンボンド>です。
ストーンボンドとは……
従来の施工方法として使われていたエポキシ系接着剤とはまったく違ったポリマーセメント系モルタル(接着材)です。

■特長
・施工性
 粉末樹脂を混入したプレミックスタイプなので、水で混練
 りするだけで使用できます。
 粘着性に優れているため重量物でもダレにくく、施工性が
 非常に優れています。(400角 重量5.6kgまで可能)
・耐久性
 耐久性に優れ、長期間安定した接着力を発揮します。

■用途
 石材、大型タイル、スライスブリック等の接着材

■施工方法
1.適用下地
 モルタル木ゴテ押さえ又はコンクリート下地
 (精度±2/2m)養生2週間以上。

2.下地処理
 ユニレックス3の3~5倍希釈液にて吸水調整を行って下さ
 い。

3.混練り
 ハンドミキサー等で十分に練り混ぜて下さい。

4.水量
 3.4L/20kg袋(ストーンボンド)

5.張り方
 点付け施工
  下地に、ストーンボンドをしごき塗りする。また、石材
  及びタイル等の裏面にもレンガゴテ等でストーンボンド
  を4~5点ほどのせる。(張り付け後2/3程度広がる量と
  する。)ただちに、ゴムハンマーにて十分にたたき込む
 改良圧着施工
  ストーンボンドを下地に3~5㎜程度塗り付け、ただち
  に石材又はタイル等の裏面にストーンボンドを塗り付
  け、振動工具にて十分に押さえ込む。

6.可使時間
 混練り後30分以内

■標準施工面積
 点付け施工   約2㎡(付け代 10㎜)
 改良圧着施工  約3㎡(塗り厚 5㎜)

■種類・荷姿
 ストーンボンド(No.1) 白色 20kg紙袋
 ストーンボンド(No.2) 灰色 20kg紙袋

■注意事項
・下地は、養生後十分な清掃をして下さい。
・寒冷期、気温が2℃以下及び2℃以下になると予想される
 場合は、原則として施工は行わないで下さい。
・直射日光・風雨時には、シート掛けなど十分な養生をして下
 さい。
・ストーンボンドの保管は、湿気・通風を避ける場所にして
 下さい。
・石材、大型タイルの裏面の清掃を十分に行って下さい。
・砂岩への使用はご遠慮下さい。
※PL法に関しては袋又は容器の裏面をよくお読み下さい。

■メーカーリンク
二瀬窯業株式会社

ブリックモルタル

レンガ積みモルタル・目地モルタル

レンガ積みと目地仕上げが同時にできるレンガ積み用・目地用プレミックスモルタルです。近代建築においては、建築物の高層化・高級化に伴って作業(施工)の合理化・均一化が叫ばれている今日、ブリックモルタルは業界のご要望に十分お応えできるものと確信致します。

■特長
・レンガ積みと目地仕上げが同時にできます。
・目地部分からの白華の誘出を防ぎます。
・厳選された骨材を使用し、粒度分析も理想的なので、作業
 性に優れ、十分な強度、耐候性を具備しております。
・既調合ですので、現場での調合ミスもなく、品質が安定し
 ます。また現場配合の手間が省けます。
・特別注文により、各色がございます。

■用途
 普通レンガ積み、特殊レンガ積み、レンガ中空積み

■施工方法
1.材料配分
・ブリックモルタル(25kg)に水(約3.2~3.5L)を徐々に加え
 ながら、ミキサー等で均一によく練り混ぜて下さい。
 (冬場に施工においては、極力、水の混入量を少なくして
 下さい)
・特殊レンガ積みにおいて、流し込みモルタルは、
 セメント2袋(50kg)+砂(200kg)+ブリックミックス1袋(2.5kg)+水
 (37L)の配合モルタルを御使用下さい。

2.施工
・レンガ積みにおいて、1回での積み上げ高さは5~6段まで
 として下さい。
・ある程度、目地部分のブリックモルタルが乾燥したころ
 に、はみ出したブリックモルタルを取り除いて下さい。
・次に、少し湿らせたスポンジで目地部分をふきあげて下さ
 い。又、押さえ目地の場合は、目地ゴテで均一に押さえ
 て下さい。
 目地材として御使用の場合は、一本目地、又はチューブに
 て詰めて下さい。

■標準使用量
 210×100×60のレンガで、約0.5㎡/袋
 ※ブリックモルタル1袋(25kg)、目地幅10㎜とする。

■荷姿・色調
 ブリックモルタル粉体 25kg紙袋入り
 ブリックミックス粉体 10kg箱(2.5kgポリ袋×4ヶ)

 基本色調
  薄茶色(BR-0)
  白 色(BR-1)
  灰 色(BR-2)
  濃灰色(BR-3)
  黒 色(BR-4)
 ※ブリックミックスは、特殊レンガ積み工法における流し
  込みモルタルに混入することで、作業性の向上、白華の
  抑制に効果があります。

■注意事項
・寒冷期、気温が2℃以下及び2℃以下になると予想される
 場合は、原則として施工は行わないで下さい。
・直射日光・風雨時には、シート掛け等十分な養生をして
 下さい。
・ユニオンブリックモルタルの保管は、湿気を避ける場所
 にして下さい。
※PL法に関しては袋又は容器の裏面をよくお読み下さい。

■メーカーリンク
二瀬窯業株式会社

ビッグボンドK

ポリマーセメントモルタル(アクリルカチオン系)

ビッグボンドKは粉体18kgと専用樹脂2kgとからなり、この両者を混合しますと、非常に強力な複合反応構造を形成し、優れた特性を発揮する、建築土木用の多種目複合仲介ポリマーセメントです。
ビッグボンドKは従来のポリマーセメントの特性を全て具備しており、尚かつカチオニックアクリレートにより科学的イオン結合反応を付加せしめました。
ビッグボンドKは広範囲の物質に対して強力な接着力を示し、優れた物理的性能と科学的性能を有して、ユーザーの益々多様化するニーズに応えて、高い評価を得ております。

■特長
・FRP等の樹脂系以外の物質は全て非着体となる接着剤で
 す。
 コンクリート、大理石、冬期、磁器タイル、ガラス、金属(鋼板)
・防水性に優れています。(プレーンモルタルに比べて15倍)
・接着面での剥離がない。
・耐摩耗性、耐衝撃性に優れています。
・物理的特性に優れています。
・耐熱性、耐寒性に優れています。
・防錆性、耐薬品性に優れています。
・作業安定性(取扱を含む) に優れています。
 粉体18kgと専用樹脂2kgに水2Lを加えて練るだけで良い
 ため、調合ミスがなく、且つ性能が安定する。

■用途(建築及び土木にこの様に使われます。)
1.仲介接着剤として
・各種壁体や床に他の壁材や床材、断熱材などを張りつける
 為の仲介接着
・老朽化した建物の改装、メンテナンス用
・コンクリートやモルタルの新旧打継ぎ用

2.床材、舗装材として
・家具、工場、店舗、畜舎等の床
・通路、階段、路面の補修、カラー舗装
・デッキカバリング用

3.防水材として
・コンクリート屋上スラブ、壁、サイロ、地下室、各種水
 槽、等

4.充填材として
・木コン、ジャンカ、セパレート、パイプ廻り、打継切付き
 部の充填処理用

5.下地調整材として
・不陸調整、ALC下地用

6.防蝕、防錆材として
・耐酸モルタル・防蝕被覆モルタル等に適性

■取扱要領
ビッグボンドKの接着効率を高めるためには混練や作業条件が適性であることが絶対条件となりますので、下記の点にご注意下さい。

1.混練
・ビッグボンドK粉体18kgと樹脂2kgに対し見ず2Lの配合
 で、ハンドミキサー等を使用し、ダマの残らない様に
 よく混練りして下さい。なお、ビッグボンドKの可使用
 時間は30分以内です。

2.用具の清掃
・容器に残った混練物が乾くと除去するのが大変ですから、
 容器、用具は早めに清掃して下さい。

3.使用上の注意
・ビッグボンドKは屋内に保管し、粉体・専用樹脂共に凍結
 しない様にして下さい。又直射日光に長時間放置せぬ様
 保管に注意して下さい。
・屋内の作業は換気に注意して下さい。
・容器は横倒しにならない様に注意して下さい。
・粉体(骨材)の使い残しは袋の封をして保管して下さい。
・練置きに更に新しい混練物を追加せぬ様に注意して下さ
 い。

■施工法についてはカタログをご参照下さい。

■荷姿              ■色
 ビッグボンドK 粉体18kg      セメント色
 専用樹脂    液体2kg

■標準施工面積
  約6㎡ (塗厚2㎜)
  約4㎡ (塗厚3㎜)

■注意事項
・下地は十分水洗清掃をして下さい。
・寒冷期気温2℃以下及び2℃以下になると予想される場合
 は原則として施工は行わないで下さい。
・直射日光、風雨時にはシート掛け等十分な養生をして下
 さい。
・ユニオンビッグボンドKの保管は湿気通風を避ける場所
 にして下さい。
・ユニオンビッグボンドKには専用樹脂及び指定するもの
 以外は混入しないで下さい。
※PL法について詳しくは袋の裏書きをご覧下さい。

■メーカーリンク
二瀬窯業株式会社

サッシモルタル

サッシ周り充填モルタル

■特長
・作業性が抜群
 トロ詰めポンプにエアを噛まずにスルスル詰まるので作業
 がとってもスピーディに進みます。
 ダレたり、落ちたりしないのでロスは最小限。
・仕上も簡単
 隙間もなく詰まるのでほとんど補修をすることもなくコテ
 押さえだけでキレイに仕上ります。
・現場はクリーン
 現場もサッシも汚さないので、掃除や養生に余計な手間を
 取られません(汚れてもサッと一拭き)

■施工方法
1.施工前処理
・施工部位は念入りに清掃して下さい。
・必要に応じて仮枠(バックアップ)を取り付けて下さい。

2.材料の混練
・ユニオンサッシモル1袋(25kg)に対し、水道水を3.5~
 4.0L、防水材(液体)を製造メーカーが指定する規定量を
 混入し、タライミキサー等で3分以上混練して下さい。
※防水材の添加量を算出する必要がある場合、ユニオンサッシモル
 1袋(25kg)当たりのセメント量は5.5kgとして計算して
 下さい。練置きは60分程度として下さい

3.充填及び仕上げ
・よく混練したユニオンサッシモルを充填器具等を使用して
 サッシ周りの空げき部に充填して下さい。
・ユニオンサッシモルを充填後、金コテにて仕上て下さい。
・ユニオンサッシモルが乾かないうちに小ハケ等でチリ周り
 の清掃を行って下さい。
 
4.養生
・充填後の養生は夏季24時間、冬季は48時間として下さ
 い。
・季節や天候に留意し、必要に応じてシート養生等を適時行
 って下さい。

■標準施工面積
 練り上がり量 17.0㍑/袋
 0.0170m3(59袋/m3)

■荷姿
 25kg紙袋

■注意事項
・寒冷期、気温5℃以下及び5℃以下になると予想される場
 合は、原則として施工を行わないで下さい(やむを得ず施
 工を行わなければならないときは、十分な養生を行って
 下さい)
・固まったものの使用は、避けて下さい。
・開封後の材料は、使いきって下さい。
・水を加えて練り返しはしないで下さい。
・ユニオンサッシモルには水、防水材の他、当社が指定する
 物以外は一切混ぜないで下さい。
※袋の裏書には本製品を安全に使用していただく為の注意
 事項を列記しておりますので、施工前には必ずご一読下
 さい。詳細につきましてはMSDS(製品安全データシート)をご
 請求下さい。

■メーカーリンク
二瀬窯業株式会社

ボンドメントタイル用(M)

内外装用タイル張付材

ユニオンボンドメントタイル用(M)は、厚さ12㎜程度までの小口平タイルの施工に適したプレミックスモルタルです。

■特長
・各種強度に優れ、安定した接着力を有します。
・保水性に富み、安定した作業性を有します。
・耐候性に優れます。
・特に現場調合の手間がいらず、水を混入するだけで、作業
 が簡単です。

■適用部位         ■適用タイル
 内外装の壁面、床面     モザイク~小口平タイル
               ※12㎜厚程度

■適用下地
 モルタル・コンクリート

■1回の塗り面積
 約2㎡(20分以内に張付けできる程度)

■材料の調合
 モルタル下地の場合
  ボンドメントタイル用(M)1袋(25kg)+水約6.0L

 コンクリート下地(直張り工法)の場合
  ボンドメントタイル用(M)1袋(25kg)+水約5.5L+ユニレックス3 1L

■標準施工面積
 約5㎡(塗厚 3㎜)  約3㎡(塗厚 5㎜)

■荷姿
 25kg紙袋

■施工方法
1.下地処理
・下地の脆弱部分はサンダーがけや高圧洗浄などで確実に
 除去し、欠損部等はタイル張り施工前に予め補修して下
 さい。付着したほこり、油脂分等は水洗いをして下さい。

2.吸水調整
・ユニレックス3を水道水で5倍に希釈したものを施工面に
 塗布して吸水調整を行って下さい。塗布後、乾燥するまで
 放置して下さい。

3.材料の調合
・前項の材料の調合に基づき、機械器具で十分に混練して
 下さい。
・混練後は、40分以内に使用して下さい。

4.タイル張り
・1回の塗り面積は2㎡までとして下さい(20分以内にタイル
 張りが出来る程度)
・練り混ぜた材料を下地に一度こすり塗りし、重ねて3~
 5㎜厚に調整して下さい。
・タイルを張付け、目地部に張付材料が盛り上がるよう十分
 に叩き込んで下さい。
・張付材料が軟らかいうちに目地修正を行い、目地部の余分
 な材料を除去して下さい。

5.養生
・目地材の施工までは2日間以上養生して下さい。

■注意事項
・気温が3℃以下及び3℃以下になると予想される場合は、
 施工は行わないで下さい。
・直射日光、風雨時にはシート掛けなど、十分な養生をして下
 さい。
・ボンドメントタイル用(M)の保管は、湿気・通風を避ける
 場所にして下さい。
・固まったものの使用は避けて下さい。
・ボンドメントタイル用(M)には練水の他、弊社が特に指定
 するもの以外は混入しないで下さい。
・ボンドメントタイル用(M)の品質保持期間は製造後3ヶ月
 です。
※PL法に関しては袋の裏面をよくお読み下さい。

■メーカーリンク
二瀬窯業株式会社

ボンドメント大型タイル用

建築材料等評価名簿掲載材料
(既製調合モルタル(タイル工事用))

内外装用タイル張付材(大型タイル対応)

ボンドメント大型タイル用は小口平タイル、二丁掛タイル等の大きなタイルの張付けに最適なプレミックスモルタルです。

■特長
・各種強度に優れ、安定した接着力を有します。
・保水性に富み、安定した作業性を有します。
・耐候性に優れます。
・特に現場調合の手間がいらず、水を混入するだけで、作業
 が簡単です。

■適用部位        ■適用タイル
 内外装の壁面、床面    小口平タイル、二丁掛タイル

■適用下地
 モルタル・コンクリート

■1回の塗り面積
 約2㎡(20分以内に張付けできる程度)

■材料の調合
 モルタル下地の場合
  ボンドメント大型タイル用1袋(25kg)+水約5L

 コンクリート下地(直張り工法)の場合
  ボンドメント大型タイル用1袋(25kg)+水約4.5L+ユニレックス3 1L

■標準施工面積
 約3㎡(塗厚:5㎜)

■荷姿
 25kg紙袋

■施工方法
1.下地処理
・下地の脆弱部や剥離剤の付着している部分はサンダーやケ
 レン、高圧洗浄などで確実に除去し、不陸の大きな部分は
 補修を行って下さい。

2.吸水調整
・下地表面を乾燥させて、ユニレックス3を上水道水で5倍に希釈
 し、下地にムラなく塗布して下さい。完全に乾燥した後、
 タイル張りを行って下さい。

3.材料の調合
・前項の材料の調合にしたがって、ハンドミキサー等の機械
 器具で十分に混練して下さい。
・混練後は、40分以内に使用して下さい。
・練り足しや水を加えての練り戻しは行わないで下さい。

4.タイル張り
・1回の塗り面積は2㎡程度、または20分程度でタイル張り
 が出来る程度として下さい。(気温20℃の場合)
・練り混ぜた材料を下地に一度こすり塗りし、重ねて5~
 8㎜厚で塗りつけ均して下さい。
・タイルを張り付け、振動工具でタイルを十分に押さえ込ん
 で下さい。
・材料が柔らかいうちに目地修正を行い、目地部の余分な材
 料を除去して下さい。
・目地材の施工までは2日間以上養生して下さい。
※施工時および施工当日中は、施工面が直射日光、雨、雪、
 強風にさらされないようシート掛け等によって保護して
 下さい。

■注意事項
・製品の保管は、屋内の湿気の少ない場所で、パレット等に
 載せて床から離して下さい。
・製品は製造年月日を確認して、3ヶ月以内にご使用下さ
 い。
・固まった製品の使用は避けて下さい。
・気温が3℃以下および3℃以下になると予想される場合
 は、施工は行わないで下さい。
・製品には弊社の指定する材料以外の混入は避けて下さい。
・製品のお取扱に際しては、適切な保護具(保護手袋、保護
 メガネ、防塵マスク等)を着用の上、適切な安全対策を実施
 して下さい。
 ※PL法に関しては袋の裏面をよくお読み下さい。

■メーカーリンク
二瀬窯業株式会社

UPモルタル

下地調整・仕上材(0.5~2mm)

UPモルタルはコンクリート面、PC板面、ALC面、モルタル面等の補修仕上げを目的とした薄塗りの既調合セメント系フィラー材です

■特長
・クロス、ペンキ、吹付け、塗装等、広範囲の化粧材を施工
 する
 際の下地仕上材として使用できます。
・作業性が良く、施工が容易です。
・高性能な粉末樹脂を既調合していますので、エマルション
 等の混入ミスがなく、調合にムラがありません。

■用途
 ペンキ下地、クロスした時の素地こしらえ
 適用下地:コンクリート、モルタル。PC、ALC

■施工方法
1.下地調整
・下地にある突起物、レイタンス、硬化不良部分、型枠離型
 剤などの油脂分は、サンダー、ケレン棒又はワイヤーブラ
 シ等で除去し水洗いを行って下さい。
・3㎜以上の目違い、ジャンカ、豆板、大きなひび割れ、大
 きな気泡穴、欠損部分は、予めポリマーセメントモルタル
 にして下地調整・補修を行って下さい。
・露出した鉄筋、番線、釘等は除去した後、エポキシパテ等
 で防錆処理をして下さい。
・ユニレックス3の3倍希釈液にて左官刷毛、ローラー等を
 使用して吸水調整を行って下さい。

2.材料配分
・UPモルタル(20kg)に水道水約6.8Lを徐々に加えながら、
 ハンドミキサー等でまざりムラのないように均一によく練
 り混ぜて下さい。

3.塗付け
・下地のピンホール(気泡穴)等を、まず拾い塗りして下さ
 い。
・ついで、金ゴテにて下ごすりしながら全面に塗付けて、
 コテ圧をかけ平滑に仕上て下さい。
・刷毛引き仕上の場合は、ユニレックス3の10倍希釈にて、
 仕上げを行って下さい。

4.養生
・塗付け後に、降雨雪の恐れがある場合または、通風・日照
 の激しい時にはシート掛け等の保護養生を行って下さい。
・夏場施工の際には、UPモルタル塗付け翌日に散水養生を
 励行して下さい。
・塗付け後の養生期間は7日以上とし、その後、次の工程に
 移って下さい。

■荷姿
 20kg紙袋

■標準施工面積 
 16㎡/袋(1㎜塗厚)

■注意事項
・施工前に補修面を十分に水洗・清掃して下さい。
・寒冷期、気温が3℃以下及び3℃以下になると予想される
 場合は原則として施工は行わないで下さい。
・直射日光・風雨時には、シート掛け等十分な養生をして下
 さい。
・UPモルタルの保管は、湿気を避ける場所にして下さい。
・混練りした材料は、40分以内に使用して下さい。
・UPモルタル硬化前の雨水等による濡れは、白華の原因に
 なりますので注意して下さい。
・UPモルタルに当社が指定した物以外、他の材料は混ぜな
 いで下さい。
・UPモルタルの床への施工は避けて下さい。
※袋の裏書には本製品を安全にしようしていただく為の注意
 事項を列記しておりますので、施工前には必ずご一読下
 さい。
 詳細につきましはMSDS(製品安全データシート)をご請求
 下さい。

■メーカーリンク
二瀬窯業株式会社

ベンリーS

コンクリート補修・仕上材
(超速硬性ポリマーセメントモルタル)

ユニオンベンリーSは、コンクリート二次製品等の欠損部補修と仕上げとが同時に行える画期的なプレミックスモルタルです。用途に応じて5分タイプ、15分タイプ、30分タイプの3種類をご用意しています。

◆特長
・早強・高接着性により、急ぐ工事に最適
 ユニオンベンリーSの結合は、速硬性セメント、無機系
 特殊混和材および再乳化粉末樹脂によって構成され、補
 修数時間後には実用強度に達し、さらにポリマーセメン
 トによりコンクリート面への接着に優れています。
・速硬性があるので、手持ちがなく、作業がはやい
 ユニオンベンリーSの速硬性によって硬化待ちの手持ちが
 減り、作業が早くスピーディに進みます。
 (20℃において、S05は5分、S15は15分、S30は30分で
 凝結し、すぐに仕上げが出来ます。)
・コテ押さえ仕上げ
 ユニオンベンリーSは、きめの細かい珪砂を配合しており
 ますので、一般的な左官材料のようにコテで表面を押さ
 えて仕上げる事が出来、補修跡が目立たなくなります。
・小さな欠損部にも対応します
 ユニオンベンリーSは、小さな欠損部からある程度大きな
 欠損まで補修することが出来ます。
 補修状況により最適な方法が選択でき、より簡単に、早
 く、正確な整形作業が出来ます。

◆用途
 コンクリート製品、土木工事、左官工事、配管工事 等
 小さな欠損部・ジャンカ・硬化不良部・ピンホール等の補修・表面
 仕上げ

◆荷姿
 5kgポリ袋×3ヶ 化粧箱入

◆練水量
 280~300cc/kg

◆施工方法
1.適量のベンリーSと水道水をボウルに開けてよく混練して下
 さい。

2.コテでそのまま局部に塗り付けて下さい。
 (水湿しや下地処理は必要ありません)

3.少し余分に載せて、コテで軽く切るように施工して下さ
 い。通常のモルタルのようにコテ押さえで仕上げること
 が出来ます。

※ベンリーSは、水を加えて練り返しができません。1回の施工
 (練り置き)はS05、S15、S30それぞれの硬化時間に合わせて調整して
 下さい。

◆注意事項
・気温3℃以下及び3℃以下になると予想される場合は原則
 として施工を行わないで下さい(やむをえず施工を行わな
 ければならないときは、シート養生等十分な養生を行って
 下さい)
・他の材料との混合は避けて下さい。
・練り足しは避けて下さい。
・固まったものの使用は、避けて下さい。また固まりかけ
 た材料を練り直し使用すると、ひび割れの原因になります
 ので、使用しないで下さい。
・開封した材料はなるべく使い切って下さい。保存する場合
 は輪ゴム等で開封口をしっかり縛って密封して下さい。
・使用後の道具・工具類は速やかに水洗いして下さい。
※詳しくは袋の裏書をご覧下さい。

■メーカーリンク
二瀬窯業株式会社

ボンドメント

モルタル接着材
ユニオンボンドメントは、表面が平滑なコンクリートや、ブロック、ALC等に対するモルタル塗りを行う場合のモルタル接着材です

■特長
・粘性、保水性が高い為、下地に対する密着性に優れ、安
 定した接着力を有します。
・粉末樹脂や骨材などをプレミックスしておりますので、
 特に現場調合の手間がいらず、通常は規定量の水を混入
 するだけでご使用頂けます。

■用途
 各種下地とモルタルの仲介接着

■適用下地
 コンクリート・ブロック・ALC 等

■標準施工面積        ■荷姿
 塗り厚 2mm 約8㎡       25kg/袋

■施工方法
1.下地コンクリートは、サンダーがけや、高圧洗浄によっ
 て、目荒らしを行いレイタンスや油脂分を確実に除去し
 て下さい。

2.刷毛等を用いて、ユニレックス3の3倍希釈液にて、吸水
 調整を行って下さい。

3.ボンドメント1袋(25kg)に対し、水約4.5~5Lを加え、
 ハンドミキサー等でダマの残らないようによく混練して
 下さい。
 ※ALC面に施工する場合は、ユニレックス3を1L混入して
  下さい。

4.施工面にボンドメントを金ゴテ等で強く押さえつけるよ
 うに一度しごき塗りを行った後、1.5~2㎜塗付けて下さ
 い。

5.下塗りモルタルを追っかけで塗付け、後の工程は各化粧
 材の示す施工使用に従ってください。

※混練後、40分以内に使用

■注意事項
・下地は、十分な水洗・清掃をして下さい。
・寒冷期、気温が3℃以下および3℃以下になると予想され
 る場合は、原則として施工は行わないで下さい。
・直射日光・風雨時には、シート掛け等十分な養生をして
 下さい。
・ユニオンボンドメントの保管は、湿気を避ける場所にし
 て下さい。
・指定する以外の他の材料とは混ぜ合わせないで下さい。
・モルタル接着増強材として御使用になる場合、ボンドメ
 ント塗り付け後、下塗りモルタルは、追掛けで塗り付け
 て下さい。
 ※PL法に関しては袋又は容器の裏面をよくお読み下さい

■メーカーリンク
二瀬窯業株式会社

圧倒的な取り扱い商品点数
在庫は常に1,000種類以上を揃え、在庫のない場合でも迅速にお取り寄せします。
徹底した品質管理責任体制
商品は工業標準化品質管理推進責任者の資格を有したスタッフが管理しています。
お待たせしない現場までのスピード配達
県内であれば、遠方の現場でも自社トラックによるスピード配達で対応します。
取扱い商品2000種以上!
迅速配達承ります
■営業エリア
<愛媛県全域>
松山市・西条市・新居浜市・今治市・上島町・四国中央市・久万高原町・東温市・伊予市・砥部町・内子町・大洲市・西予市・八幡浜市・伊方町・鬼北町・松野町・宇和島市・愛南町
取扱い商品のご紹介
■主な取り扱い品目
  • セメント
  • モルタル混和材
  • 吸水調整材
  • 補修材全般
  • 浸透性吸水防止剤
  • 重量・軽量骨材
  • 無機床材
  • 無収縮(グラウト)材
  • しっくい仕上材
  • 珪藻土仕上材
  • 防草材
  • 軽量モルタル
  • 砂利
  • 壁材全般
  • 流動性モルタル
  • SL材
  • 通気工法材料
  • 基礎天端レベラー
  • 基礎関連材
株式会社トーヘキ
愛媛県松山市来住町1075番3
TEL. 089-990-3500
FAX. 089-990-3600