取扱い商品
左官材料専門店ならではの、きめ細やかなサービスをご提供します。

ロイヤルカチオン#10

一材型 JISA6916 建築用下地調整材 C-2表示認証製品

セメント系下地調整塗材2種
(カチオンポリマーセメント系)

■特長
・JIS認証
 工場で厳重な品質管理のもとプレミックスをしている
 ため品質が安定
・カチオン系一材型
 材料管理・取り扱いが容易なうえ施工能率が向上
・作業性
 コテ塗り作業性を格段にアップ
・強度耐久
 各種下地に対して安定した接着耐久性を実現

■荷姿
 20kg袋

■適用下地
 コンクリート・モルタル・旧仕上げ(タイル・塗料等)

■用途
 コンクリート等の補修、改装工事のボンタイル
 吹付塗装、タイル等の旧下地への仲介接着

■練上がり量
 コテ塗り    約16L
 ローラー塗り  約17.5L

■標準塗厚
 0.5~2㎜(JIS規定塗り厚1~3㎜)区分C-2

■水量
 コテ塗り   約5.4L
 ローラー塗り 約8.0L

■施行方法
1.下地処理
・下地をよく点検して下地の脆弱層、脆弱な旧仕上げ材
 レイタンス、油分等を取り除き水洗いまたは高圧洗浄
 を行い、健全な下地にして下さい。
・下地清掃後、吸水が激しい下地の場合シーラー#45の
 3倍液をむらなく塗布して下さい。

2.練混ぜ
 ロイヤルカチオン#10+上水道水(コテ塗り約5.4L
                ローラー塗り約8L)
3.塗り付け
・あらかじめ下地処理した施工面に、必ずしごき塗りを
 コテ圧をかけて下地に約0.5~1㎜程度すり込むように
 塗り付けを行い、ワンテンポ間を空け、少し締まらせ
 てから所定の厚さに塗り付けて下さい。
 ※尚、塗圧が薄い場合でもしごき塗りはモルタルのエア
  膨らみ浮き防止、ダレの抑制になり付着強度の確保
  の為に必ず励行して下さい。

4.養生
・施工後は通常1週間、冬期2週間以上の養生期間をおいて
 下さい。
 ※ドライアウト防止
  乾燥が激しい場合は、施工の翌日に散水養生を行って
  下さい。
 ※白華防止
  梅雨・冬期時は塗り付け後、降雨・降雪に遭うと白華
  発生の恐れがあるのでシート掛け養生などの適切な
  防止策をして下さい。

■注意事項
<取扱い及び保管上の注意>
・目や皮膚などに触れないように適切な保護具(保護手袋 防塵マスク、保護メガネ等を着用して取り扱って下さい
 また、取扱い後は顔、手、口など水で洗浄して下さい。
・製品は屋内の湿気の少ない場所に、床面から離して保管
 して下さい。
<応急処置>
・目に入った場合、直ちに清浄な水で最低15分間洗眼し、
 速やかに専門医の治療を受けて下さい。
・皮膚に付着した場合、速やかに水または温水で十分に
 洗い流してください。肌荒れがひどい場合は、必要に
 応じて医師の診断を受けて下さい。
・吸引した場合、速やかに新鮮な空気の場所に移動し、水
 または温水でうがいをし必要に応じて医師の診断を受け
 て下さい。
・飲み込んだ場合、水でよく口の中を洗うなどして、直ち
 に医師の診断を受けて下さい。(まずは、飲み込まない
 ように注意して下さい。
<濾出時の注意>
・飛散した粉末は掃除機で吸い取って回収するか、ホウキ
 やスコップで集め空袋などに回収して下さい。
<廃棄上の注意>
・廃棄する製品や練混ぜ材などは硬化させてから、産業
 廃棄物として適切な処置をして下さい。また、洗浄水
 などの排出は水質汚濁防止法などに注意して下さい。
<輸送上の注意>
・破袋、荷崩れ、落下などの防止を確実に行って下さい。
 また、降雨時の湿気や水漏れに注意して下さい。
<使用上の注意>
・本製品は厳重な品質管理のもとに製造している既調合品
 です。指定材料以外の材料を練混ぜないで下さい。
 なお、練混ぜには上水道水を使用して下さい。
・練混ぜた材料は夏期1時間、冬期2時間以内に使用して
 下さい。練足しや加水して練り戻ししないで下さい。
・強風や直射日光などによる乾燥を防止するために、シー ト養生など適宜な措置をして下さい。
・本品使用時の施工は、気温が5℃~35℃の範囲内で行っ
 て下さい。
・製品の製造年月日を確認し、製造から6ヶ月以上経過し
 た製品は使用しないで下さい。また、開封した製品は
 できるだけ早く使用して下さい。

■メーカーリンク
株式会社豊運

ビルモル ベランダレベラー

再乳化形粉末樹脂混入 勾配床・排水溝兼用下地調整材

■特長
・ベランダ、開放廊下及び排水溝等の勾配のある箇所の
 施工に最適です。
・床はコテ均しだけ、排水溝は墨に合わせて流し込み、
 タッピングするだけで水勾配が取れ、コテ押えの必要
 はありません。
・速硬タイプですので、施工当日中に軽歩行ができます。
 また、仕上材までの養生期間も短縮でき、工期の短縮
 が図れます。
・粉末樹脂を混入した一材化製品ですので、水練りだけで
 接着性、ひび割れ抵抗性等の耐久性に優れています。

■荷姿
 25kg袋

■使用箇所
     床勾配使用      排水溝使用

 水量   約6.0L        約5.5L

塗り厚   3~30㎜        3~50㎜

施行可能  1m当り        1m当り
 勾配   約30㎜        約10㎜

施行面積  厚さ5㎜/約3㎡    厚さ15㎜
      厚さ10㎜/約1.5㎡   幅10cm/長さ約10m
                 幅15cm/長さ約6.7m

■施行方法
1.下地の清掃
・下地のレイタンス、脆弱層、油分、汚れをワイヤーブ
 ラシやサンダー掛けなどで除去した後、水洗いをする
 などして強靭な素地を出して下さい。

2.吸水調整剤の塗布
・NICEラテックス#45の5倍液を刷毛で2回塗布して下さい。
 必ず、1回目の塗布が乾燥してから2回目を行って下さい
 2回目の塗布が乾燥してからベランダレベラーを施工
 して下さい。

3.練混ぜ
・ベランダベラー1袋(25kg)に対し、勾配床は約6L、
 排水溝は約5.5Lの水をハンドミキサーで撹拌しながら
 ベランダレベラーを徐々に投入し約3分間均一になる
 まで練混ぜて下さい。

4.塗り付け
(勾配床の場合)
・あたりに合わせて流し込み、コテで所定の厚さになる
 ように均してください。
(排水溝の場合)
・墨に合わせてゆっくり流し込んでください。ドレン周り
 を処理した後にタッピングを行い、平滑になるように均
 してください、

5.養生
・施工後、直射日光による急乾燥、強風及び降雨などの
 恐れがある場合はシート養生して下さい。

■注意事項
<取扱い及び保管上の注意>
・目や皮膚等に触れないように適切な保護具(保護手袋、
 防塵メガネ等)を着用して取り扱って下さい。また
 取り扱い後は、顔、手、口等を水で洗浄して下さい。
・製品の保管はセメント同様の取り扱いとし、雨露のか
 からない屋内の湿気の少ない場所に、床面から離して
 保管して下さい。
<漏出時の注意>
・飛散した飛沫は掃除機で吸い取って回収するか、ホウキ
 やスコップで集め空袋等に回収して下さい。
<廃棄上の注意>
・廃棄する製品や練混ぜした材料等は硬化させてから、
 産業廃棄物として適切な処置をして下さい。また洗浄
 水等の排出は水質汚濁防止法等に注意して下さい。
<輸送上の注意>
・破袋、荷崩れ、落下等の防止策を確実に行って下さい。
 また、降雨時の湿気や水漏れに注意して下さい。
<使用上の注意>
・既調合製品の為、指定材料以外のものを練混ぜないで
 下さい。なお、練混ぜには上水道水を使用して下さい。
・練混ぜした材料は15分以内に使用して下さい。練足し
 や加水しての練り戻しをしないで下さい。
・強風や直射日光等による急激な乾燥を防止する為、
 シート養生等適切な措置をして下さい。
・本製品使用時の施工は、気温が5℃~35℃の範囲で
 行って下さい。
・製品の製造年月日を確認し、製造から3か月以上経過
 した製品は使用しないで下さい。
 また開封した製品はできるだけ早く使用して下さい。
・下地コンクリートがJASS5<鉄筋コンクリート工事>
 の標準を満たしていない場合は施工を避けて下さい。
・悪天候(降雨・降雪等)、またはそれの恐れがある場合
 は施工を避けて下さい。

■メーカーリンク
株式会社豊運

スラブモンスター

高強度・速乾型 内外部用 セルフレベリング材

■特長
・耐荷重床が必要とされる床に最適
・速乾性なので早期解放が実現
・外部露出施工可能
・塗床材の下地としても最適

■荷姿     ■適用塗厚
20kg      3~50㎜

■施工面積
5㎜厚/2㎡  10㎜厚/1㎡

■適用下地
RC、モルタル

■水量
3.2~3.6L

■用途
内外部床用補修

■施工方法
1.下地の清掃
・下地コンクリート面のレイタンス、脆弱層、油分、
汚れ等をワイヤーブラシやサンダー掛けなどで除去
した後、水洗いをするなどして、強靭な素地を出して
下さい。

2.吸水調整材の調合と塗布
・「NICEラテックス#45」3倍液を刷毛で2会塗布して
して下さい。
必ず1回目の塗布が乾燥してから2回目の塗布して下さ
い。2回目の塗布が乾燥してから施行を行います。

3.練混ぜ
・スラブモンスター1袋(20kg)に対して、上水道水
3.2~3.6Lをハンドミキサーで撹拌しながらスラブ
モンスターを徐々に投入し3分間以上撹拌を続けて
下さい。

4.流し込み
・あたりに合わせてゆっくりと流し込んで下さい。
流し込み後、土間専用ゴテなどで均して下さい。

5.養生
・施工終了後、風や直射日光等急激な感想を生ずる恐れ
のある場合は、シート養生をして下さい。
・外部露出仕上げの場合、天候の状況を見て養生シート
で養生して下さい。
・梅雨・冬期時は流し込み後、降雨・降雪に遭うと白華
発生の恐れがあるのでシート掛け養生などの適切な
防止策を行って下さい。

■注意事項
<取扱い及び保管上の注意>
・目や皮膚などに触れないように適切な保護具(保護
手袋、防塵マスク、保護メガネ等)を着用して下さい
・製品は屋内の湿気の少ない場所に、床面から離して
保管して下さい。
<応急処置>
・目に入った場合、直ちに清浄な水で最低15分間洗眼し、
速やかに専門医の治療を受けて下さい。
・皮膚に付着した場合、速やかに水または温水で十分に
洗い流して下さい。肌荒れがひどい場合は、必要に応
じて医師の診断を受けて下さい。
・吸引した場合、速やかに新鮮な空気の場所に移動し、
水又は温水でうがいをし必要に応じて医師の診断を受け
て下さい。
・飲み込んだ場合、水でよく口の中を洗うなどして、直ち
ちに石の判断を受けて下さい。(まずは、飲み込まない
ように注意して下さい)
<濾出時の注意>
・飛散した粉末は掃除機で吸い取って回収するか、ホウキ
やスコップで集めて空袋などに回収して下さい。
<廃棄上の注意>
・廃棄する製品や練混ぜ材など硬化させてから、産業廃棄
物として適切な処置をして下さい。また洗浄水などの
排出は水質汚濁防止法などに注意して下さい。
<輸送上の注意>
・破袋、荷崩れ、落下防止などを確実に行って下さい。
また、降雨時の湿気や水漏れに注意して下さい。
<使用上の注意>
・本品は厳重な品質管理のもとに製造している既調合品
です。指定材料以外の材料を練混ぜないで下さい。
なお、練混ぜには上水道水を使用して下さい。
・打ち継ぎは15分以内に行って下さい。
・強風や直射日光などによる乾燥を防止するために、シー
ト養生などの適宜な措置をして下さい。
・本品使用時の施行は、気温が5℃~35℃の範囲内で
行って下さい。
・製品の製造年月日を確認し、製造から6ヶ月以上経過し
た製品を使用しないで下さい。また、開封した製品は
できるだけ早く使用して下さい。

■メーカーリンク
株式会社豊運

床用 うすぬり

アクリル系粉末樹脂入り一材型

■特長
・作業性がよく、耐磨耗性、圧縮強度に優れています。
・耐水性、耐久性に優れ、浮き、亀裂のない、平滑な床仕上
 げができます。
・ウレタン、エポキシ等、有機材の仕上げが可能です。
・仕上色がコンクリートに近い色の白さを実現

■荷姿      ■練上り量     ■標準塗り厚
 25kg/1袋      約17L       約1~3mm

■施工面積    ■調合
 約8.5㎡      清水約6~6.5L
 2mm厚/1袋

■施工方法
1.下地処理
・下地との界面の付着強度を増強する為に、コンクリート表
 面のレイタンス、突起、油分、汚れ、エフロ除去を徹底し
 て下さい。(ワイヤーブラシ、サンダーなどを用いて除去
 し水洗い等をして強靭な素地を出して下さい。)著しい
 不陸、ひび割れがある場合は、程度に合わせて床用うすぬ
 りにNICEラテックス#45を1kg以上混入した樹脂モルタ
 ルで施工2~3日前に補修して下さい。
・下地清掃後、NICEラテックス#45の4倍液を床全面に
 塗布し、乾燥させて下さい。(NICEラテックス#45:水=1:3)
・下地との接着力増大、吸水抑制増加のために乾燥後2回目
 のプライマー処理を行って下さい。
 ※著しく吸水の激しい躯体の場合は3、4度プライマー処
  理を行って下さい。

2.混練り
・混練りは、標準水量約6~6.5Lより少な目の清水をバケツ
 等の容器にとり、床用うすぬりをモルタルミキサーにて混
 練りして下さい、つぎに残りの清水を少量ずつ加えて3分
 以上混練りし、適度な軟度に調整して下さい。
 ※規定水量以上の清水で混練りすると、標準基準の性能が
  出来ない場合があります、ご注意下さい。

3.施工
・コンクリート表面の不陸、クラック、エフロ他の補修終了
 とプライマー乾燥を確認後、混練りした床用うすぬりを
 うすくコテ圧をかけてしごき塗りして下さい。
 その後、所定の塗り厚(約1~3㎜)に塗り付けて下さい。

4.養生
・施工終了後、風や直射日光等急激な乾燥を生じる恐れの
 ある場合はシート養生をして下さい。
 ※特に夏期の炎天下での施工は、ドライアウト防止の為に
  シート養生されることを推奨いたします。
・1~2週間程度は養生して、十分強度が出るまでは施工箇
 所に触れないで下さい。

床用 あつぬり

アクリル系粉末樹脂入り一材型

■特長
・作業性がよく、耐磨耗性、圧縮強度に優れています。
・耐水性、耐久性に優れ、浮き、亀裂のない、平滑な床仕上
 げができます。
・タイル、モルタル等の仕上げが可能です。
・ウレタン、エポキシ等、有機材の仕上げが可能です。

■荷姿      ■練上り量    ■標準塗り厚
 25kg/1袋      約14L      約4~15mm

■施工面積    ■調合
 約1.4㎡      清水約3~4L
 10mm厚/1袋

■施工方法
1.下地処理
・下地との界面の付着強度を増強する為に、コンクリート
 表面のレイタンス、突起、油分、汚れ、エフロ除去を徹底
 して下さい。(ワイヤーブラシ、サンダーなどを用いて除
 去し、水洗い等をして強靭な素地を出して下さい。)著し
 い不陸、ひび割れがある場合は、程度に合わせて床用あつ
 ぬりにNICEラテックス#45を1kg以上混入した樹脂モル
 タルで施工2~3日前に補修して下さい。
・下地清掃後、NICEラテックス#45の4倍液を床全面に塗
 布し乾燥させて下さい。
・下地との接着力増大、吸水抑制増加のために乾燥後2回目
 のプライマー処理を行って下さい。
 ※著しく吸水の激しい躯体の場合は3、4度プライマー処
  理を行って下さい。

2.混練り
・混練りは、標準水量約3~4Lより少な目の清水をバケツ等
 の容器にとり、床用あつぬりをモルタルミキサーにて混練
 りして下さい。
 つぎに残りの清水を少量ずつ加えて3分以上混練りし、適
 度な軟度に調整して下さい。
 ※規定水量以上の清水で混練りすると、標準基準の性能が
  出来ない場合があります、ご注意下さい。

3.施工
・コンクリート表面の不陸、クラック、エフロ他の補修終了
 とプライマー乾燥を確認後、混練りした床用あつぬりを力
 をかけて下地に3~4㎜塗り付けを行って下さい。その後
 所定の塗厚(約10㎜程度)に塗り付け水引具合を見計らい平
 滑に仕上て下さい。

4.養生
・施工終了後、風や直射日光等急激な乾燥を生じる恐れのあ
 る場合はシート養生をして下さい。
 ※特に夏期の炎天下での施工は、ドライアウト防止の為に
  シート養生されることを推奨いたします。
・1~2週間程度は養生して、十分強度が出るまでは施工箇
 所に触れないで下さい。
・乾燥の激しい場合は、夏季翌日・冬季翌々日散水養生を行
 って下さい。

■注意事項
・現場で他の材料を混入しないで下さい。
・練り混ぜた材料は、1時間以内に使いきって下さい。練り
 戻し、練り足しは避けて下さい。
・本品使用時の施工は、気温が5℃~35℃の範囲内で行って
 下さい。
・本品はセメント同様、屋内で湿気の少ない場所に保管して下さ
 い。
・有効期間は、製造日より6ヶ月間です。(製造年月日は本品
 に刻印してあります。)
・本品はセメント同様、アルカリ性を示します。誤って目に
 入った場合は、直ちに清浄な水で洗浄し、必要に応じて専
 門医の治療を受けて下さい。
・皮膚に付着すると肌荒れを起こすことがありますので、直
 ちに水洗いして下さい。
・下地コンクリートが、JASS5(鉄筋コンクリート工事)の標
 準を満たしていない場合は施工を避けて下さい。

ALC専用下地調整材

HOUNプロテクタは天然骨材を使用したプレミックスモルタルでALC専用に開発した、ノンシーラータイプの下地調整材です。

■特長
・下地へのシーラー処理が不要で作業効率をアップします。
・高級な混和材の配合により、防水性を高め、ALCを強く保
 護します。
・作業性が良く、壁面を平滑に仕上ます。(クロス貼り、
 ペンキ下地OK)

■標準調合
 プロテクタ1袋(20kg)+シーラーN#45 0.8kg + 清水6L

■練上り量     ■標準塗り厚    ■施工面積

  20L        1~3mm       20㎡/1㎜

■施工方法
1.下地処理
 ALCパネル表面のほこり、粉末などを刷毛、スプレーガン
 等で入念に清掃、除去して下さい。
 乾燥が激しい時は、ALCパネルに水湿しをして下さい。

2.目地処理
 目地(埋込)、不陸(段違い、目違い)はビルモル#10又は、
 ビルモルゼロイチゴにシーラーN#451kgと清水7Lで混練
 りしたものを使って目地部はコテでしごいて塗りつぶし、
 不陸部は平坦に塗りならして下さい。養生時間は半日以上
 行って下さい。

3.混練り
 プロテクタ1袋(20kg)に清水6LとシーラーN#45を0.8kg
 でハンドミキサーなどを用いて、ダマの出来ないように
 良く混練りして下さい。練混ぜた材料は90分以内で使用
 して下さい。

4.塗り付け
 最初にコテ圧をかけながら、しごき塗りを行い、追っかけ
 て所定の厚さ(1~3㎜)に塗りつけて下さい。塗り付け後水
 引き具合を見計らって金ゴテ押え仕上げをして下さい。
 ※タイル貼り施工をする場合は、小口、二丁掛までとし、
  大きな形状のものは避けて下さい。

5.養生
 養生期間は7日以上行って下さい。
 直射日光による早期乾燥や通風を防止するため、シート等
 で養生して下さい。
 乾燥の激しい場合は、翌日散水養生して下さい。

■注意事項
・現場で他の材料を混入しないで下さい。
・練り混ぜた材料は、夏期1時間、冬期2時間以内に使い
 切って下さい。練り戻し、練り足しは避けて下さい。
・本品使用時の施工は、気温が5℃~35℃の範囲内で行って
 下さい。
・本品はセメント同様、室内で湿気の少ない場所に保管して
 下さい。
・有効期間は製造日より6ヶ月間です。(製造年月日は本品に 
 刻印してあります。
・本品はセメント同様、アルカリ性を湿します。誤って目に
 入った場合は、直ちに清浄な水で洗浄し、必要に応じて専
 門医の治療を受けて下さい。
・皮膚に付着すると肌荒れを起こすことがありますので、直
 ちに水洗いして下さい。

■メーカーリンク
株式会社豊運

プロテクタ

ALC専用下地調整材

HOUNプロテクタは天然骨材を使用したプレミックスモルタルでALC専用に開発した、ノンシーラータイプの下地調整材です。

■特長
・下地へのシーラー処理が不要で作業効率をアップします。
・高級な混和材の配合により、防水性を高め、ALCを強く保
 護します。
・作業性が良く、壁面を平滑に仕上ます。(クロス貼り、
 ペンキ下地OK)

■標準調合
 プロテクタ1袋(20kg)+シーラーN#45 0.8kg + 清水6L

■練上り量     ■標準塗り厚    ■施工面積

  20L        1~3mm       20㎡/1㎜

■施工方法
1.下地処理
 ALCパネル表面のほこり、粉末などを刷毛、スプレーガン
 等で入念に清掃、除去して下さい。
 乾燥が激しい時は、ALCパネルに水湿しをして下さい。

2.目地処理
 目地(埋込)、不陸(段違い、目違い)はビルモル#10又は、
 ビルモルゼロイチゴにシーラーN#451kgと清水7Lで混練
 りしたものを使って目地部はコテでしごいて塗りつぶし、
 不陸部は平坦に塗りならして下さい。養生時間は半日以上
 行って下さい。

3.混練り
 プロテクタ1袋(20kg)に清水6LとシーラーN#45を0.8kg
 でハンドミキサーなどを用いて、ダマの出来ないように
 良く混練りして下さい。練混ぜた材料は90分以内で使用
 して下さい。

4.塗り付け
 最初にコテ圧をかけながら、しごき塗りを行い、追っかけ
 て所定の厚さ(1~3㎜)に塗りつけて下さい。塗り付け後水
 引き具合を見計らって金ゴテ押え仕上げをして下さい。
 ※タイル貼り施工をする場合は、小口、二丁掛までとし、
  大きな形状のものは避けて下さい。

5.養生
 養生期間は7日以上行って下さい。
 直射日光による早期乾燥や通風を防止するため、シート等
 で養生して下さい。
 乾燥の激しい場合は、翌日散水養生して下さい。

■注意事項
・現場で他の材料を混入しないで下さい。
・練り混ぜた材料は、夏期1時間、冬期2時間以内に使い
 切って下さい。練り戻し、練り足しは避けて下さい。
・本品使用時の施工は、気温が5℃~35℃の範囲内で行って
 下さい。
・本品はセメント同様、室内で湿気の少ない場所に保管して
 下さい。
・有効期間は製造日より6ヶ月間です。(製造年月日は本品に 
 刻印してあります。
・本品はセメント同様、アルカリ性を湿します。誤って目に
 入った場合は、直ちに清浄な水で洗浄し、必要に応じて専
 門医の治療を受けて下さい。
・皮膚に付着すると肌荒れを起こすことがありますので、直
 ちに水洗いして下さい。

■メーカーリンク
株式会社豊運

しっくい・コテ押え

健康志向の高まりとともにクロスや家具、壁材等の材質にホルムアルデヒドの発生しない商品が求められる今、「しっくいコテ押え」は厳選された消石灰、上質の粉角又と繊維・骨材を取り入れた環境に優しい壁材です。昔ながらの貝灰同様、調湿効果に優れているため、日本の高温多湿な気候・風土に適しています。

■施工方法
1.躯体確認
 中塗り土に混入してある藁スサがさらしてあるものか否か
 確認して下さい。(さらしていない藁スサを使用している
 場合仕上材のしっくい壁表面に黄色のアクが発生する場合
 があります。)

2.下地処理
 補修が必要な場合は必ず補修を行って下さい。補修箇所が
 完全に乾燥した後、補修箇所を含む全面にプライマー処理
 を行って下さい。NICEラテックス#45(アクリル系樹脂)
 の10倍液(樹脂1Lに対して清水9L)で薄め、噴霧器等で
 2回~3回噴霧し更に3倍液(樹脂1Lに対し清水2L)に薄めた
 樹脂液を噴霧して下さい。

3.しっくいコテ押え中塗り材混練り
 中塗り材1袋/25kgに清水約7Lを入れ、ハンドミキサー等
 でよく混練りし塗りやすい硬さに調整して下さい。

4.しっくいコテ押え中塗り材塗付け
 しごき塗りを行い、次に所定の厚み約5mm厚程度まで塗
 り付けて下さい。締まり具合を見計らってコテ波を取り
 仕上げぐらいにしておいて下さい。

5.しっくいコテ押え混練り
 しっくいコテ押え1袋/20kgに対し清水約16Lを混入し塗
 りやすい硬さに調整しておいて下さい(尚、防水材として
 菜種油等を混入される場合は、必ずしっくい専用オイルの
 使用書を参考にされ混入して下さい。)

6.しっくいコテ押え塗付け
 5.で作ったネタを中塗りが締まった状態の上へ一度、しご
 き塗りを行い2㎜厚程度、塗り付けタイミングを見計らっ
 てコテ波を取り最後の仕上げはプラスチック鏝で3回~4
 回程度、押さえ仕上げを行って下さい。

 ※上記は下地が荒壁土及び中塗り土が完全乾燥している
 場合、又は改修工事をされる場合の施工方法です。
 そのほかの施工方法については施工マニュアルをご覧下さ
 い。

■仕様
 中塗り材       内外装仕上材

 標準施工面積  約3.3㎡/5㎜厚     約25㎡/1㎜厚

 練上げ量     約16L         約25L

 標準調合   本品 1袋(25kg)   本品 1袋(20kg)
 清水 約7L       清水 約16L

■注意事項
・現場で指定材料以外の物やほかの材料を混入しないで下
 さい。
・練り混ぜた材料は、塗材に限り、夏期1時間、冬期2時間
 以内に使いきって下さい。練り戻し、練り足しは避けて下
 さい。
・本品使用時の施工は、気温が5℃~35℃の範囲内で行って
 下さい。
・本品は消石灰同様、屋内で湿気の少ない場所に保管して下
 さい。
・有効期間は製造日より6ヶ月間です。
(製造年月日は本品に刻印してあります。)
・本品は消石灰同様、アルカリ性を示します。誤って目に
 入った場合は、直ちに清浄な水で洗浄し、必要に応じて専
 門医の治療を受けて下さい。
・皮膚に付着すると肌荒れを起こすことがありますので、
 直ちに水洗いして下さい。

■メーカーリンク
株式会社豊運

DXパウダー

作業性工場用混和材(モルタル補修・ノロガケ用)

■特長
本製品は当社の長年の配合技術の蓄積によりノンアスベストを達成しながら、特殊クレイ・特殊セラミックパウダー・特殊セルロースなどを、独自の絶妙な配合割合でブレンドしてあるため鏝伸び、鏝滑り、鏝切れなどが改善されます。

クラック防止・平滑な仕上り・作業の効率化・高い安全性・
経済的強度低下が少ない

■標準配合例
 ノロ補修(仕上げ)
    材料         配合率
   セメント        25kg
   エマルジョン     1~1.5kg
   メチルセルロース   90~130g
   DXパウダー      1.5~2kg

 薄塗り補修
    材料         配合率
   セメント        25kg
   エマルジョン     1~1.5kg
   メチルセルロース   90~130g
   石粉         10~15kg
   DXパウダー      1.5~2kg

■荷姿
 20kg

■注意事項
・目や皮膚などに触れないよう適切な保護具(保護手袋、防
 塵マスク、保護メガネ等)を着用して取り扱って下さい。
 また、取扱い後は顔、手、口等を水で洗浄して下さい。
・目や皮膚に付着した場合は、速やかに洗い流し必要に応じ
 て医 師の診断を受けて下さい。
・吸引した場合は、新鮮な空気の場所に移動し、うがいのあ
 と必要に応じて医師の診断を受けて下さい。
・飲み込んだ場合は、水などで洗浄後、直ちに意志の診断を
 受けて下さい。
・製品の保管は、セメント同様の取扱いとし、雨露のかから
 ない屋内の湿気の少ない場所に、床面から離して保管して
 下さい。
・飛散した粉末は掃除機で吸い取って回収するか、ホウキや
 スコップで集め空袋などに回収して下さい。
・入れすぎに注意して下さい。混練水の増加を招き強度低下
 の原因になります。
・空袋の処分については各自治体の法規に従い処分して下さ
 い。

■メーカーリンク
株式会社豊運

ベースB大壁工法

ベースB大壁工法とは

プレミックスモルタルメーカー豊運が、長年培った技術により開発したベースB大壁工法は、シームレスで重量感があり多彩な仕上げに対応できます

更に、モルタル工法の弱点を克服した新しい工法です。

構成図
■1 透湿・防水シート
外部からの水分を押さえる防水性と内部からの湿気を透す透湿性を兼ね備え、結露による構造材の耐腐朽性を高めます。
■2 通気胴縁
厚さ12~18mm胴縁採用で通気層をしっかり確保。劣化等級の仕様となります。
■3 ベースBラス(防水ターポリン紙+パワーラス+ベースモルタルB)
700g/㎡のパワーラス(リブ付)にベースモルタルBを成形下塗りし、裏面に防水ターポリン紙を固着した製品です。
■4 ジョイント処理
ベースBラスとベースBラスの重なり部をベースモルタルBで塗つけます
■5 ジルコネットS
耐アルカリ・耐酸性に高性能を発揮し安定した耐久性。
引っ張り強度に優れ破壊に強い絡み織りの2軸メッシュ。
柔軟性に富み高い施工性を確保します。
ジルコニア含有率16.5%の高性能グラスフアイバーネットです。
■6 ベースモルタルB
セメント、スサ、軽量骨材、特殊樹脂等を絶妙にブレンドして、厚塗下地用モルタルとして開発した特殊軽量既調合もるたるです。
■7 仕上材プライマー
ベースモルタルBと仕上材の密着性を高めます。
■8 弾性仕上塗材
デザイン性の優れた塗壁材(仕上材に対応)
耐候性と弾性のある仕上材をご選定ください。

作業工程
1.施工前準備
躯体工事、サッシ工事、板金工事完了確認⇒面材工事
2.部材取付
透湿防水シート貼り及び防水テープ、シーリング工事
3.胴縁取付工事
胴縁はジョイント90mm巾(若しくは45ダブル)間柱部は45mm以上(90mm巾が尚、良い)
4.コーナーラス取付
ターポロール336(ないしは430フエルト)を用いて出隅部の先行フエルト貼りの上にコーナーラスを取りつけます。
5.コーナー設置後、左下部よりベースBラスをエアタッカーを用いて留つけて行きます。
6.モルタル工事
目地部分の充填を行い、所定の厚みで全体を塗上げます。直後にジルコネットSを鏝で伏せ込みます。⇒乾燥硬化養生
7.シーリング工事及び仕上工事
所定の手順通り施工をお願いします※鏝仕上げ、吹付け共に弾性系の仕上材のご使用を強くお薦めいたします。

■メーカーリンク
株式会社豊運

圧倒的な取り扱い商品点数
在庫は常に1,000種類以上を揃え、在庫のない場合でも迅速にお取り寄せします。
徹底した品質管理責任体制
商品は工業標準化品質管理推進責任者の資格を有したスタッフが管理しています。
お待たせしない現場までのスピード配達
県内であれば、遠方の現場でも自社トラックによるスピード配達で対応します。
取扱い商品2000種以上!
迅速配達承ります
■営業エリア
<愛媛県全域>
松山市・西条市・新居浜市・今治市・上島町・四国中央市・久万高原町・東温市・伊予市・砥部町・内子町・大洲市・西予市・八幡浜市・伊方町・鬼北町・松野町・宇和島市・愛南町
取扱い商品のご紹介
■主な取り扱い品目
  • セメント
  • モルタル混和材
  • 吸水調整材
  • 補修材全般
  • 浸透性吸水防止剤
  • 重量・軽量骨材
  • 無機床材
  • 無収縮(グラウト)材
  • しっくい仕上材
  • 珪藻土仕上材
  • 防草材
  • 軽量モルタル
  • 砂利
  • 壁材全般
  • 流動性モルタル
  • SL材
  • 通気工法材料
  • 基礎天端レベラー
  • 基礎関連材
株式会社トーヘキ
愛媛県松山市来住町1075番3
TEL. 089-990-3500
FAX. 089-990-3600